セルフサービス ポータルに最適なTintriのストレージ サービス

簡単に自動化できて、ユーザーにとっても使いやすいストレージ サービスを提供するために、VM とコンテナに最適化されたストレージを選択しましょう。

  • キー ポイント
  • Tintriのサービスはレゴ ブロックのように組み合わせられるため、ユーザーはセルフサービス ポータルから VM に必要なサービスだけをプロビジョニングできる
  • Tintriのストレージ サービスは VM レベルおよびコンテナ レベルで簡単に自動化して、ユーザーに必要な機能だけを提供できる
  • 完全な REST API に加え、OpenStack、vRealize、Python、PowerShell などの付加価値の高いツールを統合して、より簡単に自動化できる

クラウドが主流となった今日では、これまで採用されてきた IT プロビジョニング プロセスではもはや通用しません。以前は、開発者や事業部のマネージャーがリソースを要求しても、サーバー管理者、ストレージ管理者、ネットワーク管理者へと話がたらい回しにされ、数日~数週間も待たなければならないことが普通でした。プロビジョニングをはじめとするあらゆる IT プロセスが合理化されなければ、ユーザーはセルフサービス機能を目玉として組み込んだパブリック クラウドへと針路を変えてしまいます。これは、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの先進的な IT チームがセルフサービスを使用してボットを作成することにした理由の 1 つになっています。ボットを作成すれば従業員は日々の繰り返しの業務から解放され、より付加価値の高い活動に専念できるようになります。バンク・オブ・ニューヨーク・メロンが作成した「ALEXIS」(独自開発のボット)の詳細や、Tintriとのパートナーシップで今後開発が予定されているセルフサービス機能については、Wall Street Journal の記事(英語) をご覧ください。

お客様の多くは、パブリック クラウドと同じ使いやすさと俊敏性を持ちながら、コストの制御と厳密な管理が可能な、オンプレミスのインフラストラクチャ用のプライベート クラウドの構築に取り組んでいます。しかし、提供できるサービスの品質というのは、基盤となるインフラストラクチャ、特に、どのようなストレージを採用するかで大きく変わってきます。

セルフサービスのニーズを満たすストレージを選ぶ際は、以下の 3 つの点に着目する必要があります。

  • 主な機能: スナップショット、クローン、レプリケーションといった付加価値の高い機能は、パブリック クラウドでは滅多に見られないため、大きなメリットとなります。
  • レベルの違い: VM レベルおよびコンテナ レベルで動作するストレージは、ごく簡単にセルフサービス ポータルに組み込むことができるため、ユーザーにとっても機能がわかりやすく、利用しやすくなります。
  • 抽象化: 全てのストレージ機能に対応したシンプルな REST API があれば、どんなセルフサービス プラットフォームを利用していてもストレージ機能を自動化できます。

従来のストレージで、上記の全ての要件に対応しているものはありません。

Tintri ストレージのセルフサービス

Tintriは、上の 3 つの全ての要件を満たす Web サービスのアプローチを採用しています。Tintriのエンタープライズ クラウド プラットフォームは VM レベルで動作していますが、コンテナ レベルでも同じサービスを提供できるよう現在取り組みを進めています。スペース効率に優れたスナップショット、レプリケーション(非同期および同期)、QoS といったTintri製品の全ての機能が適切なレベルで動作するため、セルフサービス ポータルの一部として簡単に自動化できます。

VM レベルとコンテナ レベルの違いについては、ブログ記事「VM の自動化とボリュームの自動化の違い」で詳しく説明しています。Tintri ストレージを使用すると、高度なストレージ機能を自動化して、セルフサービス ポータルから提供できます。これは、他のストレージ ベンダーの製品では不可能なことです。Tintriのサービスはレゴ ブロックのように組み合わせることができるため、ユーザーは VM に必要なサービスだけをプロビジョニングできます。

例えば、VM をプロビジョニングし、その VM に QoS を設定して、スナップショットとレプリケーションのスケジュールを設定する、という全ての操作をユーザーが直観的に行うことができます。LUN とは何か、その LUN の保護レベルは何かといったことをユーザーが理解している必要はありません。また、ストレージ管理者も LUN を設定したり調整する必要はありません。セルフサービス環境では、ユーザーがどのアプリケーションを展開しようとしているのか事前に把握していることは少ないため、これは大きなメリットです。

ノイジー ネイバー (うるさい隣人) の影響をなくす

さらに検討事項として上がるのが、VM 単位のパフォーマンスのレーン分け/分離です。基本的には、ノイジー ネイバーの問題ということになります。マルチテナントのセルフサービス環境では、ある VM 内のノイジー ネイバーが他の VM のパフォーマンスに影響することがあります。これまでのストレージでは、複数のテナントが LUN を共有する場合に常にこのような状況が発生していましたが、インフラストラクチャ チームがパフォーマンスの問題の原因を特定することは、ほとんど不可能でした。Tintriは、VM 単位のパフォーマンスのレーン分けにより、VM 間のパフォーマンスを完全に分離することでこのノイジー ネイバーの問題を解決しています。

開発環境とテスト環境のプロビジョニングとリフレッシュが簡単に

開発/テスト環境や DevOps 環境では、開発環境とテスト環境のプロビジョニングとリフレッシュの作業が頻繁に発生するため、自動化が不可欠です。Tintri SyncVM を使用すると、開発環境とテスト環境のデータを数分でリフレッシュして、新しいソフトウェア機能の継続的インテグレーション、リリース、デプロイメントを迅速化できます。Tintriの他の機能と同じく SyncVM はセルフサービス ポータルから提供できるため、開発者は必要なときにいつでも最新のコードとデータで開発環境とテスト環境を作成、更新できます。詳しくは、こちらのブログ記事と動画 (英語) をご覧ください。

Tintri製品へのセルフサービスの統合

高度なツールやプラットフォームとの統合も、ストレージのセルフサービスには重要な要素です。Tintri製品は REST API の他に、以下のツールとの統合が可能です。

  • OpenStack
  • vRealize Operations と vRealize Orchestration
  • Python SDK
  • PowerShell

Tintri REST API は、これらのツールとの統合の基礎となる基本的な構成ブロックで、Tintriの自動化の要件を満たすために使用できます。高度なツールやプラットフォームとの統合で、Tintri ストレージはさまざまな状況で簡単に自動化し利用することができます。REST API を直接使用できるという柔軟性は多少失われますが、その代わりに使いやすさというメリットが手に入ります。

OpenStack

OpenStack Liberty のリリース以降、Tintri製品は OpenStack と完全に統合されました。以前の OpenStack リリース用のTintri ドライバーは、Tintriのサポート ポータルから入手できます。Tintri ストレージはあらゆる OpenStack ディストリビューションで動作しますが、Red Hat、Mirantis、HP の OpenStack ディストリビューションでは動作が完全に保証されています。

下の動画では、OpenStack 環境で動作するTintri ストレージ機能の一部をご紹介しています。

OpenStack デプロイメントのTintri ストレージ

Tintri vRealize Orchestrator プラグイン

1 年ほど前に、vRealize Automation(vRA)ポータルを利用しているお客様から、次のようなリクエストをいただきました。「うちではTintri ストレージとの統合を担当できる開発者チームを用意できません。Tintri製品の機能を私が自分のポータルから簡単に統合できるようにしてもらえませんか」。

先日リリースした vRealize Orchestrator(vRO)プラグインは、まさにこのリクエストに応えるものです。VMware 環境で vRealize Automation または vCloud Director を使用して自動化とセルフサービスを展開している場合、このプラグインを使用すれば API レベルでのプログラミングを行うことなくTintri ストレージの機能 (SyncVM や QoS など) を上位の管理レイヤーと簡単に統合できます。Tintri vRO のワークフローはほとんどのセルフサービス プラットフォームに組み込むことが可能で、きわめて汎用性に優れています。

Tintri vRealize Orchestrator プラグインは、Tintriのサポート ポータル(英語) からダウンロードできます。

Python SDK

Tintriは、GitHub で更新版の Tintri REST API 用 Python SDK (英語) をリリースしました。オブジェクト指向の SDK であり、Python 2.7 で動作します。この SDK は基礎となる API の詳細を理解していなくても利用できるため、特に Windows 以外のクライアントで自動化を行う場合に便利です。詳細については、開発者エバンジェリスト Rick Ehrhart のブログ記事 (英語) をご覧ください。

Tintri Automation Toolkit for PowerShell

Tintri Automation Toolkit for PowerShell (英語) は、Tintriのサポート サイトからダウンロードできます。このツールキットは Windows クライアントで使用でき、バージョン 3.0 には、Tintri OS 4.2 および Tintri Global Center 3.0 で利用可能な Tintri API リリース v310.51 の API 機能が含まれています。詳細については、Rick Ehrhart のこちらのブログ記事をご覧ください。

Tintriはセルフサービスに最適なストレージを提供

どのインフラストラクチャ (ストレージ) を選択するかは、プライベート クラウドやセルフサービス ポータルの機能に大きく影響を及ぼします。Tintri ストレージは、これまでのストレージでは不可能だったことを実現するために、適切なレベルで動作する主要機能を提供します。それらを利用することにより、IT チームは充実したストレージ サービスをセルフサービスを通じて簡単に公開することができます。高度なツールやプラットフォームと統合することで自動化プロセスが簡略化され、あらゆるオペレーティング環境のニーズに対応できるようになります。