SQL Integrated Storage

MS SQL Serverと連携し、データベース毎の可視化・自動QoS・データ保護を実現するストレージソリューション。Tintri VMstoreの仮想化連携技術をデータベースにも実現

運用管理負荷を最大95%削減・ミリ秒以下のレイテンシを自動的に維持

SQL Serverのインフラ全体を可視化・問題解決を迅速化

データベース単位、インスタンス単位に、インフラ全体を可視化し、性能、容量などのきめ細かい指標を提供。インベントリや異常をリアルタイムで識別でき、問題の解決を迅速化

データベース単位にデータ保護・個別に簡単リカバリ

データベースまたはデータベースのグループ毎に、ポリシーベースの柔軟で、本番データベースに性能の影響ない、スナップショットを提供。データベースを数秒以内に個別にリカバリすることも可能

データベース単位の自動QoSによる安定的な高性能

各データベース毎に自動的にI/O性能を保証するQoSを提供。I/O要件が変化してもリソースを動的に調整し、データベース毎に、ミリ秒以下のレイテンシを自動的に維持

DB管理者が操作可能な、データベース視点の簡単ストレージ管理

データベースと連携する自律的な運用と、データベース向けに提供される管理機能によって、ストレージの詳しい専門知識がなくても、DB管理者自身がストレージ管理や機能を利用可能

SQL Server環境のリアルタイム分析と将来予測

機械学習と3年間の履歴データを活用して、将来の容量と性能の要件を最長18か月先まで正確に予測。SQL Serverを追加時の性能と容量に与える影響を把握でき、リソースの過不足を回避

開発スピードを加速するデータベース毎のインスタント・クローン

インスタント・クローンによって、データベースを数秒で更新することができ、テストサイクルの迅速化。開発者がそれぞれ専用できるデータベースサンドボックスも提供可能に

ビジネスを加速するITを実現するために新たな選択を

データベースのストレージ管理には、詳細設計やチューニングなどの手間や工数がかかり、知識や経験が求められます。このため、必要以上にストレージリソースを購入したり、外部コンサルティングに委託するなど、コスト増の要因ともなります。
Tintri SQL Integrated Storageは、データベースと連携し、ストレージリソースをデータベースごとに自動的に最適化します。迅速な導入・拡張・そして簡単な管理によって、コストを抑えて、高いサービスレベルを実現できます。

SQL Serverと統合。全てをデータベース単位で可視化&コントール

SQL Integrated Storageは、さまざまな特性を持つデータベースを単一のストレージリソースプールに統合し、データベース単位でコントロールできる唯一のストレージです。
仮想化環境における独自のアプローチ(VM-aware)をデータベースに展開(DB-aware)した業界初のソリューションです。

・データベース毎の稼働状況をリアルタイムに理解し、負荷状況に応じてストレージのリソースを最適化
・I/O要件が変化してもデータベースごとにミリ秒以下のレイテンシを自動的に維持
・データベース毎の高速スナップショットとリカバリ機能
・柔軟なプロビジョニング機能
・V2V はもちろん P2V のマイグレーションも容易
・ストレージの専門知識がなくても、簡単な操作やインフラ全体を可視化することで DB管理者も支援

おすすめ資料

誰でも簡単に導入・管理ができるMS SQL Serverストレージガイド

Tintri SQL Integerated Storageについて、さらに詳しい情報が必要ですか?