VDI/仮想デスクトップ

VDI/仮想デスクトップの成功にはフラッシュ&仮想化専用ストレージが不可欠

VDI/仮想デスクトップとストレージ

仮想ディスクトップ/VDIでは、数百、数千、数万という仮想マシンに安定的な性能を提供することがストレージに求められます。また、増設や構成変更も多い環境となります。そのため従来型ストレージでは課題を抱えることになりがちです。フラッシュストレージの選択に加えて、仮想化連携するストレージを選択し仮想デスクトップの単位でコントール・可視化することによって、性能維持・安定運用を実現できます。

VDI/仮想デスクトップにおける従来ストレージの課題

従来ストレージでは、性能、運用、コストなどにおいて、下記のような問題が発生するケースが多々あります。

  • 性能課題:出勤時の一斉起動によるI/O集中(ブートストーム)、アンチウイルススキャンやバックアップなど重たいI/O処理時の性能劣化
  • 運用管理の複雑さ:数多い仮想マシンを管理しなければならないため、従来ストレージでは、性能問題が発生した場合には原因の特定と修正が困難
  • コストの増大:設置、増設・変更に手間がかかる。性能を担保するため、ストレージのオーバープロビジョニングが発生し割高な構成となる

VDI/仮想デスクトップ環境に安定性能と運用コスト削減を実現するTintri

  • 手間をかけずに仮想デスクトップの性能保証を実現(仮想マシン単位の自動QoS)
  • 仮想マシン単位にI/Oのレイテンシーやスループットなどを可視化。問題箇所を直ぐに特定
  • 仮想マシン単位にインライン重複排除とデータ圧縮、2Uで最大7,500VMサポートなど高効率を実現

VDI/仮想デスクトップの課題を解決するTintri

仮想ディスクトップ/VDIにおいて、多数の仮想マシンに安定的な性能を提供。しかも可視化。複製も効率的。

多数の仮想マシンに一定の性能を提供・管理しなければならい仮想デスクトップ(VDI)の環境は、自動的な性能管理が望まれます。他のベンダーは最小および最大IOPSのしきい値設定を推奨していますが、それはLUNを単位としたものです。LUN内にある複数のVMに異なるレベルのパフォーマンスが必要な場合には、オーバープロビジョニングすることでパフォーマンスにある程度余裕を持たせるか、あるいは LUNをVMごとに細かく再構成するしかありません。

Tintriでは、LUN やボリュームではなく、個別のVMに対して下限(MIN)および上限(MAX)IOPS値を設定することができます。QoSによるしきい値の設定は、他の製品では数値の入力が必要になりますが、Tintriでは、管理GUI上で稼働状況を確認しながら、適したしきい値をマウス ドラッグすることで簡単に設定が可能です。また、下限値の設定により、個別のVMに対してIOPSの性能保証を担保することもできます。

予想以上に負荷の高いVMに対してIOPSの上限値を設定

ドラッグしてMAX値を引き下げると、遅延が発生するが他のVMへの影響が出なくなる

上限値をドラッグして許容できるレベルに引き下げます。すぐにスロットル(過負荷制御)による遅延が発生しますが、他のVMは過負荷から保護され安定稼働を続けることができます。

パフォーマンス要求の高いミッションクリティカルなVMに対してIOPS性能を常に保証

ドラッグしてMIN値を引き下げると、IOPS性能が保証されコンディション(リソース競合)による遅延が発生しなくなる

下限値をドラッグして引き上げることで、VMは常に要求に見合う IOPSをいつでもすぐに利用できるストレージリソースが与えられます。IOPS性能保証がされたVMは、コンテンション(リソース競合)による遅延が発生しなくなり、安定したパフォーマンスが約束されます。

サービスレベルを分けて運用

MIN値とMAX値を階層化しサービスレベルを分けると、サービスレベルに応じたパフォーマンスが与えられる

クラウドにおいてサービスレベルのガイドラインを定義するような場合、ストレージインフラとしてTintriをお使いいただくことで、サービスレベルをマウス操作だけで階層化し、それに応じたチャージバックを設定することができます。

遅延が発生した際の原因を特定

遅延状況の見える化

Tintriの管理GUIは、シンプルな表示で遅延の発生原因を明らかにします。サーバー、ネットワーク、フラッシュ、ハードディスク、コンテンション(リソース競合)、スロットル(過負荷制御)に分けて遅延状況を見える化できるため、原因の特定がしやすく、迅速な対応が可能となります。

リソース競合の見える化 従来型ストレージのようにLUNやボリューム単位で IOPSポリシーを設定する場合、全体のパフォーマンスに与える影響を把握するのは非常に困難です。TintriはQoSから推測を排除し、具体的に数値で把握し最適化します。
Tintriは、全体のパフォーマンス把握をシンプルに見える化することができます。動作が不正なVMのIOPS上限値をドラッグして引き下げます。そして同一画面上でスロットル(過負荷制御)による遅延状態を確認することができます。また、インフラ全域における遅延の発生原因を、ホスト(サーバー)、ネットワーク、フラッシュ、HDD、コンテンション(リソース競合)、スロットル(過負荷制御)にグラフィカルにも表示します。

Tintriは業界で唯一、VM単位でストレージのパフォーマンスを見える化し、保証できるソリューションです。Tintriを導入することで、大規模な仮想環境を常に安定稼働させることができます。

VDI/仮想デスクトップ解説

仮想デスクトップ(Virtual Desktop Initiative または Virtual Desktop Infrastructure)とは、コンピュータのデスクトップ環境を拡張する システムです。 物理的な1つのディスプレイに対し、独立した複数の仮想的なデスクトップ環境、あるいはディスプレイの表示領域より広いデスクトップ空間を提供します。OSやアプリケーションが実行されるのはデータセンターやサーバルームにある仮想サーバ環境で、手元の端末には画面情報が転送されているだけです。

デスクトップ仮想化技術は2008年ごろから登場しました。また、シンクライアントやリモートデスクトップといった仮想デスクトップに近い仕組みは昔からありましたが、通信速度が課題でした。最近では、各メーカーの技術革新が進みLTEやWiMAXなどの次世代通信が登場したことで、ローカルPCと変わらない操作感が得られます。パッと見ただけではローカルPCなのかシンクライアントなのかわからないほどです。

仮想デスクトップについて、更に詳しく知りたい方は 下記のブログ記事をご参考にしてください。