データベースの仮想化

Tintri VMstoreは、仮想環境と統合・連携した自律運用、VM毎の可視化・自動QoSなどのインテリジェンスを提供し、データベース仮想化の安定運用を支援

自動QoS・可視化・簡単運用デ ータベース仮想化も安心

Tintri VMstoreは、統合された仮想化環境において、自動的に性能を保証するQoSによって重要なデータベースに安定した高いパフォーマンスを保証することができます。本番環境に影響のないスナップショット、VM・データベース毎のレプリケーションなど、効率的でコスト効果の高いデータ保護などで、データベースの仮想化を支援します

インフラストラクチャ全体の可視化による問題解決の迅速化

エンドツーエンドの可視化とリアルタイムの監視により、コンピューティング、ネットワーク、ストレージリソース全体から、レイテンシの根本原因を数秒で検出

効率的でコスト効果の高い、VM/データベース単位のデータ保護

本番環境に影響のないスナップショット、容量を必要としないクローン、VM毎の簡単リカバリ、VM単位のレプリケーションなど、効率的でコスト効果の高いデータ保護を実現

自動QoS(Quality of Service)による安定的な高性能

高性能なデータベースに求められる低レイテンシと高いIOPSを実現するとともに、各I/O要求のパフォーマンスを分離する独自の自動QoSを提供

DB管理者が自分自身でストレージを活用できる簡単操作

自律的な運用と、簡素化された管理により、ストレージの詳しい専門知識がなくても、DB管理者自身がストレージ管理や機能を利用可能

仮想化されたデータベース環境をリアルタイムに分析・将来を予測

機械学習と3年間の履歴データを活用して、将来の容量と性能の要件を最長18か月先まで正確に予測。性能と容量に与える影響を把握でき、リソースのプロビジョニングの過不足を回避

Tintriであればデータベース仮想化も安心

データベース仮想化では、パフォーマンス確保などのために必要以上に高価なストレージを導入したり、導入までの詳細設計や導入後の調整などの手間が必要になるケースが多々あります。
Tintriであれば、このような手間も余分なコストはありません。データベース仮想化に必要な安定性能を管理の手間なく実現する自動QoS、迅速な問題解決を実現する可視化などのインテリジェンスで下記のようなメリットを提供します。

・簡単な導入・拡張
・安定した高性能
・効率的でDB管理者も操作できるデータ保護
・高可用性と自律的な安定運用
・問題の迅速な解決支援
・確実なリソース計画

VM/vDiskの単位で可視化&QoS&データ保護

Tintri VMstoreは、さまざまな特性を持つ仮想マシンを単一のリポジトリに配置します。そして仮想化ハイパーバイザーと連携し、ストレージリソースを最適化、VM/vDisk単位のコントロールを実現します。下記のような機能でデータベースの仮想化をサポートします。

・エンドツーエンドの可視化とリアルタイムの監視
・自動QoSで手間なくデータベースの性能を保証
・本番環境に影響のないスナップショット、容量を必要としないクローン、VM毎の簡単リカバリ、VM単位のレプリケーション
・リアルタイム分析と将来予測を提供

関連情報

仮想化虎の巻~従来ストレージとTintriは何が違うのか~

Tintriのデータベース仮想化についてさらに詳しい情報が必要ですか?