シンクライアントの種類とメリット、デメリット

シンクライアントとは

シンクライアントとは、端末の機能について、最小限に絞りこみ、端末に負担を掛けずに処理は極力サーバー側で行うようにするという仕組みのことです。サーバーで処理が行われたものは画像転送という形で、クライアント端末へ送られます。この際に、ユーザーからはデータを所有しているような感覚に陥りますが、実際は、画面のみが端末に送られているのであって、実際のデータはサーバーにあるのです。

この言葉の語源は、thin(シン、薄い)とclient(クライアント)という二つの言葉からなる造語です。この言葉が生まれる前から、考え方としては存在しており、1990年代から用いられてきました。サーバーが本格的にこのような形式をとるようになったのは2008年ごろです。この頃から、ブームが起こります。

このようなシンクライアントが流行をしていくのはもちろん、メリットがあるからです。セキュリティが向上したり、アクセス性が向上したり、パソコンの管理性が向上したりすることが最も支持される理由です。特に、セキュリティ面については昨今問題視されることが多いので特に注目を集めています。シンクライアントでは、サーバーで処理を行いユーザー端末には元データを残すことがありません。こうすることで、顧客の個人情報であったり製品の開発情報であったりというような企業が守りたい機密データをユーザー端末に保管せずにすみます。そうすれば、情報漏洩のリスクを少しでも減らせますし、職員も不意のトラブルで自分が情報を漏らしてしまうような危機にさらされることがなくなります。アクセス性能や管理性能が上がることによってパソコンの不調も減らせます。パソコンの動作を減らすことができるのでトラブルが回避しやすいのです。

デメリット

このように良いところばかりを紹介すると本当にリスクはないのかという不安を感じる人も多いものです。特に会社に導入するものとなれば、導入費用も大きなものになりますし、万が一使用感が悪かったり、うまく使いこなせなかったりすれば損失も大きなものになります。そこで、失敗がないようにしっかりと事前にデメリットについても理解をしておくことが重要です。

シンクライアントを導入することによって起こるデメリットとして、パフォーマンスの低下というものがあります。ユーザー側のパソコンはディスクやCPU、メインメモリといったものの使用量が減らせるのでパソコンのパフォーマンスを上げることができます。しかし、裏を返せばその減らした分の負担はサーバーの方へとかかることになります。複数のユーザーで同時共有をすることになりますから、サーバー側のパソコンには大幅なリソースが必要となるのです。

次に、ネットワークの影響を受けるという点があります。サーバーからの画像出力というのはネットワークを介して行います。そのため、オフライン状態ではすべてのやりとりができなくなり仕事をすることができません。同様にネットワークの遅れがあるような回線を使用している場合には、画像の受け取りやその他すべての業務に遅延が生じる可能性があるのです。この遅延は生産性を下げるだけでなく、従業員のストレスを生み出すものにもなります。

また、すべての情報を集約しているために、サーバーに何かトラブルが起こればすべてのユーザーに影響が出て来てしまいます。しかも、サーバーへの集約率が高ければ、その分システムの二重化やバックアップ体制を整えるのは難しいです。

 

シンクライアントの方式

メリットとデメリットとを理解した上で導入することを決めたら、次はどの実行方式で導入するかを決める必要があります。この実行方式にもメリットとデメリットがあり、ユーザーの環境によって合うものが変わってきます。そこで、メリットとデメリットを理解した上で自分たちのオフィスに合うものを選ぶことが重要です。

まずは一台のサーバーに複数台分のクライアント実行環境を集約するものと、クライアント端末一つひとつに物理機器を追加していくタイプとがあります。集約タイプには、プレゼンテーション型(サーバーベースコンピューティング型)と、仮想PC型(VDI)があり、どちらも画像転送方式です。それに対してクライアントごとに物理危機を追加するタイプはネットブート型とブレードPC型とがあります。

プレゼンテーション型はサーバー上でアプリケーションを起動させて、アプリケーションを複数のクライアント端末で行います。そのため、クライアント端末はキーボードやマウスでの入力情報をサーバーに転送することとサーバーからの画像を閲覧するのみです。仮想PC型シンクライアントは仮想デスクトップに接続してクライアントが使用するので、集約型でありながらも独立した形を作ることができます。

ネットブート型はネットワーク経由でブートすることで永続的な保存が必要なデータはネットワークストレージに保存ができます。ブレードPCはブレードサーバーのクライアント版です。ユーザーごとに専用のハードウェアが割り当てられるので高いグラフィック性能が実現できます。