仮想デスクトップ(VDI)とは?

仮想デスクトップ(VDI : Virtual Desktop Initiative または Virtual Desktop Infrastructure)とは、コンピュータのデスクトップ環境を拡張するITシステムの総称です。
物理的な1つのディスプレイに対し、独立した複数の仮想的なデスクトップ環境、あるいはディスプレイの表示領域より広いデスクトップ空間を提供します。OSやアプリケーションが実行されるのはデータセンターやサーバルームにある仮想サーバ環境で、手元の端末には画面情報が転送されているだけです。
デスクトップ仮想化技術は2008年ごろから登場しました。
また、シンクライアントやリモートデスクトップといった仮想デスクトップに近い仕組みは昔からありましたが、通信速度が課題でした。最近では、各メーカーの技術革新が進み次世代通信が登場したことで、ローカルPCと変わらない操作感が得られます。パッと見ただけではローカルPCなのかシンクライアントなのかわからないほどです。

仮想デスクトップ(VDI) と物理デスクトップの比較

  • 物理デスクトップを使用したとき

利用者が使い慣れている
データが手元にある
データを参照するためのネットワーク接続が不必要

  • 仮想デスクトップ使用のメリット

データはデータセンターに保存されているため、セキュリティー面での安全性が高い
OSやアプリケーションイメージの管理やバックアップを管理者が一括管理できる
端末や場所に依存せずに使える
端末のハード障害の影響を受けない

仮想デスクトップ(VDI)の使用場面は?

企業や地方自治体において、仮想デスクトップ(VDI)の導入理由として、セキュリティを確保したいというものがあります。
例えば、個人情報や企業情報などの機密データをローカルPCにデータを入れていた場合、万一それらが流出するとたいへんなことになります。また、通信事業者の設備内に設置されたサーバーを使って仮想デスクトップを実現することで、地震・水害・火災などの災害により自社のサーバーにダメージを受けた場合でも、すぐにデータを復旧させることができます。事業継続(BCP)の観点からも、注目が広がっています。
これまでの仮想デスクトップ(VDI)へのニーズは、こうしたセキュリティ面や、社内オペレーションを簡素化したいといった「守り」に徹したものでしたが、最近の仮想デスクトップ(VDI)に対するニーズは、営業に機動力を持たせたい、働き方を変革したいといった「攻め」のニーズが増えてきています。

スマートフォンやタブレットの利用が広がったこととこうした流れは無関係ではないと考えられます。データがサーバー上にあれば、自席、会議室、社外、自宅などどこからアクセスしても、場所にとらわれず「いつもの自分のデスクトップ」が利用できます。

仮想ディスクトップ(VDI)は、ワークスタイルの変革働き方改革として注目されている、在宅勤務を普及するためにも欠かせない技術です。

ウィンドウズ10は新機能として仮想デスクトップを導入

マイクロソフトの最新OS「ウィンドウズ10」は、新機能として仮想デスクトップを導入していることでも話題です。仮想ディスクトップ(VDI) の導入はますます進むと思われます。