Tintri vShepere Web Clientプラグイン

VMware vCenterからティントリストレージを一元的に簡単管理

概要

Tintri vSphere Web Clientプラグイン(Tintri plugin for VMware vSphere Web Client)は、ティントリの管理作業を全てVMware vSphere Web Client経由で操作可能とします。これにより、仮想化の管理者は、VMwareの操作からティントリのストレージ管理を単一の管理画面から行うことができるようになります。

vSphere Web Client プラグインによって、VMwareベースのインフラに統合され、管理者はVM単位でのスナップショットやクローニング、レプリケーションなどのティントリ独自のVM-awareな機能をvCenterのインターフェースから活用できます。大規模仮想化環境の日々の運用を簡素化できます。。

vCenterからストレージをVM単位に管理

見える化

vSphere Web Clientプラグインは、vCenterからVMstore全体のパフォーマンスや容量の使用状況・傾向をより詳細に見える化し、性能や容量消費の現状把握において管理者の方々が日々直面している苦労を軽減します。

管理者は、どのストレージ要素(LUN/RAID等)に仮想マシンが配置されているかを覚えておく必要はありません。ただ、VMの名前さえわかっていればよいのです。あとはTintri VMstoreが詳細を管理します。

シンプルな設定

vSphere Web Clientプラグインのインストールと設定はとてもシンプルです。VMstoreとvCenterそれぞれのログイン情報を入力するだけで、既存VMstore上のデータストアとプラグインとの関連付けが完了します。

VMstoreを追加することで段階的にスケールアウト

vSphere Web Clientプラグインによって、管理者が数クリックするだけで新規VMstoreの追加とvCenter環境への導入が完了します。それぞれのVMstoreシステムはvCenter上では1つのデータストアとして認識され、複数のVMstoreシステムを1つのVMware Storage DRSクラスタとして拡張・管理していくことがとても簡単になります。

VMstoreの設定変更

vSphere Web Clientプラグインを用いて、データ保護要件の変化に応じたVMstoreスナップショットのデフォルトスケジュール値変更というような、VMstoreの設定変更を集中的に行うことができます。

根底からシンプル化したVM単位のデータ管理

性能に関連する問題のトラブルシューティングは、非常に時間がかかる悩ましい作業で、問題の特定は非常に困難です。vSphere Web Clientプラグインは、ゲストOS層からストレージ層までの見える化し、ホスト/ネットワーク/ストレージといった各層における細分化されたI/O遅延量をVM単位で確認でき、性能問題の原因を特定し迅速に対処することができます。さらに、vSphere Web Clientプラグインは性能に関連した過去の時系列データもグラフ表示し、より容易なトラブルシューティングを実現します。

VM単位の効率的なスナップショットとクローニングも操作可能

vSphere Web Clientプラグインは、ティントリのストレージ管理で行うのとまったく同じユーザインターフェースで、容量効率と高速性に優れたVM単位でのデータ保護を使うことができます。例えば、VM単位のスナップショットの場合、デフォルトで設定されるスナップショットスケジュールにより、いずれの仮想マシンも自動的に保護され、個別のVMがデータ保護の要件を持つようであれば、それにあわせた個別スケジュールの設定も可能です。VM単位でのクローニングによって、容量効率に優れたクローンVMが瞬時に作成され、vCenter上でもすぐに確認できるようになります。

VMstore内のアラートを認識・確認

Tintri vSphere Web Clientプラグインを導入すれば、管理者は複数のVMstoreシステムからのアラートを 一か所で確認することができるため、vSphere Web Clientのユーザインターフェースからの統合運用・監視が実現します。この集中管理によって、特定VMstoreシステムからのアラートとその他の仮想化環境インフラのアラートとを関連付け、エンドツーエンドの状況把握が可能になります。

VMstoreインベントリサマリー

Tintri vSphere Web Clientプラグインは、仮想化環境に導入済みの全てのVMstoreシステムに関するサマリー情報を表示します。VMstoreのモデル名、シリアルナンバー、Tintri OSソフトウェアのバージョン、アップタイム等VMstoreシステム固有の情報を個別システムにログオンせずに取得でき、さらに性能や容量に関するVMstoreレベルの詳細情報にドリルダウンし、アクセスできます。