windowsのリモートデスクトップと仮想デスクトップ

windowsのリモートデスクトップについて

windowsのリモートデスクトップを実際に使用したことがある方もいるでしょう。会社やビジネスシーンにおいては他の方が操作する端末にアクセスしてモニタリングしたいと思う機会があります。例えば操作方法が分からないと言われて言葉で伝えるのが難しい時にwindowsでリモートデスクトップ機能を使い、その人の代わりに操作してあげることが可能です。また、現在ではタブレットなどでも操作できるためパソコンが遠く離れたところにある時、手元のタブレットを利用してリモートアクセスをして資料やファイルなどを確認することができます。

リモートデスクトップを利用する理由は以下の点が挙げられます。まずプラグラムを個々のデバイスに展開するのではなくサーバー上に転換することで多くのメリットを得ることができます。次にwindowsベースのプログラムをなどのアプリケーションを展開して使用することができる点です。基本的にプログラムはバージョンアップが行われます。例えば公開されているプログラムにセキュリティの脆弱性が見つかった時、その開発者はすぐにその脆弱性をカバーするためにプログラムの変更を行わなければなりません。プログラムが更新される時は脆弱性が見つかった時だけでなく、機能追加やユーザーインターフェースの変更なども挙げられます。プログラムの機能性を高めるための機能追加は決して珍しいことではありません。また、ユーザーインターフェースの変更も同様になります。

もしこのようなプログラムの更新が行われた時、通常は一つ一つの端末でプログラムの更新を行います。しかし、サーバー上でアプリケーションを展開し、リモートデスクトップサービスとして利用すれば使用される頻度が低いプログラムや頻繁に更新があるプログラム、管理が難しいプログラムがあるという企業はメリットを得られる可能性があります。リモートアクセスにおいてもメリットの一つです。先ほども述べたように操作の仕方を教える時などはもちろんのこと、自宅からでもアクセスが可能ですから有事の際や働き方の変革に大きな影響を与える可能性があります。その他にもブランチオフィスアクセスやアプリケーションの統合など様々な魅力が存在します。

仮想デスクトップでリモートアクセスをしよう

仮想デスクトップを導入すればリモートデスクトップ機能を導入できることをご存知ですか。上記ではリモートデスクトップにおけるメリットを紹介しましたが、その他にもセキュリティの面で多くの利点を得られます。セキュリティに取り組んでいる企業は多く、データの流出を阻止するために努力をしているところは少なくありません。特に社員数が多い企業では一人一人にパソコンを準備している企業があります。現在ではセキュリティソフトなどが販売されていますから、セキュリティソフトを一台一台端末にインストールしているところもあるでしょう。社員全員分のパソコンにインストールすることに時間や手間がかかると思われている方も少なくありません。

仮想デスクトップの導入で一台のサーバーにセキュリティ対策をするだけで社内にあるパソコン全体の端末のセキュリティの向上を見込むことができます。なぜなら端末には多くの機能が搭載されておらず最低限の機能で起動しているからです。リモートデスクトップの技術を用い、サーバー上に複数のOSを同時に並列させて起動し、クライアントサイドの手元の端末を動かすことができます。

通常のwindowsなどにおいては出力画面はもちろんのこと、ハードディスクなどが搭載されていますが、仮想デスクトップでサーバーへリモートデスクトップ接続すれば画面出力端末とキーボードがあればそれぞれのパソコンを起動させられます。また、ハードディスクなどもありませんからデータのセキュリティ管理も実現可能です。

製品の選び方について

仮想デスクトップを導入し、サーバーに対してリモートデスクトップ接続ができる製品の種類は複数存在しています。導入をする際には複数の候補から貴社に必要な機能が搭載されている製品を購入することになります。製品を選ぶ時、実際に自分で試してみなければどのような製品なのか把握することができないという方も少なくないでしょう。

販売業者の中にはデモ機の貸し出しを行ってくれるところがあります。デモの依頼をすればどのような機能が搭載されているのか、パフォーマンスは他の製品よりも高いかなどを検討することができますから製品選びの参考にできるのではないでしょうか。デモ依頼をする時は業者のホームページからお問い合わせなどをして依頼することになります。

また、業者のホームページでは製品の資料などをPDFでダウンロードして確認することができます。もし複数の製品で迷われている方は資料をダウンロードして見比べて比較検討を行いましょう。