VMware 仮想化におけるストレージの課題と解決

仮想環境・クラウド基盤で、従来型のLUN/ボリュームのストレージをそのままご利用になられていませんか?従来型のストレージでは、VMwareによる仮想化・クラウド化のメリットを十分に発揮できないことが多いものです。その解決策として、フラッシュを採用することは必要ですがそれだけでは不十分です。VMwareによる仮想化に伴う、ストレージの課題と解決策を解説します。

VMwareなどのサーバー仮想化におけるストレージ管理の課題

◆性能問題の切り分けが困難で、解決できない

◆ストレージ性能が安定せず、環境の SLA を保てない

◆ストレージの設計・導入・構成変更にコストがかかる

◆構成変更のために支払っている外注費が高い…

上記のようなストレージ管理の課題はサーバー仮想化に限らずよく耳にするものですが、課題がさらに浮き彫りになることが多いものです。というのは、サーバーは仮想化されて抽象化され統合度が高まるのに比べて、共有ストレージは従来型のLUNとボリュームによる管理のままだからです。これはvShephereを利用したサーバー仮想化でも、VDI環境でも同様です。ですので、上記のような課題に加えて、さらに、ストレージに関する問題が増えてきます。

◆仮想化したら、かえってストレージの運用コストがかさんでしまった…

◆思ったよりも仮想マシンが増えてきて、性能が満たせなくなってきたけど…

◆ホスト側の運用は柔軟になったけど、ストレージ側に柔軟性がないため、機動的な拡張・構成変更などができず困っている…

フラッシュを採用すれば改善するのでしょうか?いえいえ、フラッシュストレージによって一時的に性能問題は解決するかもしれませんが、内部管理はそのままですので、性能問題の切り分けや構成変更への対応などの課題は改善されず、運用の手間を減らすことはできません。

 

VMwareなどの仮想環境に対する新しい発想のストレージTintriによる解決

仮想環境におけるストレージ管理の課題を根本的に解決するために、従来のLUN/ボリュームという管理とは全く異なる設計思想に基づいて、Tintri VMstoreはゼロから開発されました。Tintri VMstoreは、仮想環境と連携するファイルシステムを内部に持ち、読み取り、書き込み、メタデータ処理などのI/Oごとの要求をvDiskに直接マッピングします。これにより、I/O制御、データ保護など、仮想マシン単位のストレージ管理を実現します。つまり、Tintri VMstoreでは、数百、数千の仮想マシンを1つのストレージプールで管理しつつ、仮想マシンあるいは仮想マシンのグループ単位に、手間をかけずにサービスレベルを保つことができるのです。

仮想化によって統合された環境における主なストレージの運用課題をTintriであれば、1/50程度に大幅に削減することができるのです。

なぜそのようなことが可能なのでしょうか?

まず、仮想マシン単位のI/O制御について説明したいと思います。Tintri VMstoreでは、仮想マシン専用のレーンを提供しI/O処理を分離するため、仮想マシンの単位で、IOPSの上限値と下限値を設定し、コントロールすることができます。仮想マシンをグループ化しグループの単位で管理することもできます。従来型ストレージでは、高いサービスレベルが必要なストレージのI/O処理を優先することができない、あるいは、その仮想マシンだけで1つのLUN/ボリュームに構成しなければならいという課題がありました。繰り返しになりますが、Tintriであれば一つのボリュームで多数の仮想マシンを管理しながら、個別の仮想マシンごとに個別にI/Oを制御することができるのです。

Tintri VMstoreは、上記のように仮想マシンを把握し、仮想マシンごとにストレージをコントロールします。TintriはvCenterと連携するVMware向けのインテリジェントなファイルシステムを内蔵しているなものです。VMware仮想環境のストレージ管理をシンプルするTintri個別機能については、仮想化・クラウド基盤を支えるストレージ解説にてご紹介していますので、ご参照ください。

VMwareとの連携統合

Tintriは、VMwareの各種機能と連携し、運用を統合する下記の機能を提供しています。これによって、VMware、vCenterからの管理や連携した自動化を実現できます。

Tintri plugin for VMware vSphere Web Client

Tintriの管理画面で行う設定作業を全てVMware vSphere Web Client経由で操作可能です。これにより、仮想化の管理者は、VMwareの操作からTintriのストレージ管理まで、すべて同じインターフェースで対応できるようになります。

Tintri Management Pack for vROps(vROps統合管理)

vROps管理コンソールから直接モニタリングすることを可能ととし、明瞭な見える化を提供し、プライベート クラウドなどの大規模な仮想化環境の管理をシンプルにします。

Automation Toolkit(タスクの自動化)

VMware vSphere PowerCLIおよびRESTインターフェースに対応し、業界で初めて仮想マシン単位での自動運用を実現します。

Tintri vRealize Orchestrator プラグイン

Tintri と VMware vRealize Orchestrator によって、仮想マシンレベルでワークフローを自動化することができます。