vExpertにTintriから9人が選出されました

VMwareが発表した「2015年vExpert」の中で、今年もTintriからは9人のメンバーが高い評価を得て選ばれています。

バラエティーに富んだメンバーが受賞

“vExpert”は、技術的な知識や経験とその普及の功績を称えられた者に贈られています。仮想化環境構築に情熱を燃やし続けているわれわれにとって、9人の受賞はまさに納得の結果です。彼らはTintriの“特異性“を形づくる代表的な存在でありながら、人物としての背景はさまざまです。入社間もなかったり、2008年の設立当時からのメンバーであったり、また、何人かは技術ベンダーとしての長いキャリアを持っています。これまで取引先企業に在籍していましたが、Tintriの深奥な経営方針を確信して転職してきた者までいます。

現状打破の使命感を共有する受賞メンバー

ただ、彼らには共通点があります。“ストレージの現状を打破する”というTintriの使命の下に集結したメンバーであるということです。彼らは皆、仮想化世界やストレージコミュニティの発展に忠誠を尽くしています。では、ご紹介しましょう。vExpertを受賞した、われわれの誇りあるメンバーたちです。

Merlin Boissonneault

最近入社したカナダ西部担当のシニアシステムエンジニアです。vExpertとしての実力をいかんなく発揮しています。Twitterでも“アクティブ”です(@merlindb)。

Rob Girard

2年連続の受賞となりました。10年以上も仮想化環境管理に精通した“エキスパート”ですが、取引先企業から昨年入社し、テクニカルマーケティングチームに配属されています。ぜひ、フォローしてください(@robgirard)。

Justin Lauer

紹介するまでもないでしょう。Tintri初期メンバーの一人であり、7年連続となる受賞はまさに“快挙”です。ひんぱんにツィートしています(@Justin_Lauer)。

Todd Lewey

米国南東部担当のカリスマセールスエンジニアです。今回で3年連続の受賞を果たしました。彼のツイートからはアイデアや思想の“豊富さ”を感じられます(@tlewey)。

Scott Sauer

VCP(ヴイエムウェア認定資格)やTCSE(トレンドマイクロ認定資格)を持ち、“vExpertそのもの”の存在です。ヴイエムウェアからTintriに転職してきました。定期的に更新されるブログやTwitter(@ssauer)で関連トピックスをチェックしてください。

Satinder Sharma

ネットアプリで8年のキャリアを積んだ後、昨年入社しました。遠くカナダ・トロントで働くシニアシステムエンジニアです。彼はブログ(www.virtualdatablocks.com)とTwitter(@storarch)でも“すごい”です。

Trent Steele

彼も米国南東部担当のセールスエンジニアです。2012年(入社前)ですが、米国ノースカロライナ州グリーンズボロでのVMUG(ヴイエムウェア・ユーザー会)の共同設立者です。 彼のブログ(www.thevbox.net)とTwitter(@thevbox)は実に“読み応え”があり好評です。

Rob Waite

オーストラリア・メルボルン支社の開設メンバーの一人です。仮想化世界に魅了されたのは2000年のことですが、以来、ブログ(www.living-in-clouds.net)とTwitter(@rob_waite_oz)で仮想化世界の“魅力を発信”し続けています。

Clint Wyckoff

Veeam勤務後、Tintriファミリーに参加して1年にも満たないフレッシュなスタッフです。仮想化の“世界観や特ダネ”を知りたいなら。仮想化の“世界観や特ダネ”を知りたいなら、Twitter(@clintwyckoff)を今すぐフォローしてください。