複数のハイパーバイザーに対応しました!

Tintri では、ハイパーバイザの中立性を最初から考慮して仮想マシン対応のストレージ システムを構築しました。VMstore は複数のハイパーバイザを同時にサポートするよう基礎から設計されているため、仮想マシン単位で行う場合と同じレベルのデータ管理を行い、すべての仮想マシンを監視することができます。口で言うだけなら簡単なので、実現する必要がありました。Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) のサポートに関するテクニカル プレビューを発表できることは弊社にとって大きな喜びです。Tintri VMstore のアーキテクチャでは、VMware を使用する場合と同じように、RHEV のパフォーマンス表示、スナップショット作成、クローン作成、およびレプリケーションの各機能を仮想マシン単位で行うことができます。

ハイパーバイザーは違っても、同じ「仮想マシン」

ハイパーバイザにはそれぞれ一意の機能があります。ところが、仮想マシンをストレージの側から見ると、どれも同様な一連の性質、つまり一連のディスク(類似した形式)と構成情報を保持しているように見えます。

Tintri では仮想マシンがこのようなコンポーネントに分割されるため、仮想マシン対応アーキテクチャは複数のハイパーバイザに簡単に対応することができ、どのハイパーバイザからでも同じように仮想マシンを処理することが可能です。これにより、複数のハイパーバイザで操作性を統合できます。操作性の違いに悩む必要がなくなるので、ユーザーはインフラストラクチャを総合的に管理できるようになります。

VMWARE ユーザー向けの RHEV

例として、RHEV と vSphere の相違点を見てみましょう。アーキテクチャの面では、RHEV は vSphere と非常に似ていますが、いくつか異なる点もあります。ここでは、コンポーネント別に比較してみます。

  • RHEV-M / vCenter: RHEV マネージャ (RHEV-M) は複数のハイパーバイザを管理し、クラスタを管理するためのユーザインタフェース (UI) ならびに REST API をエクスポートします。エクスポートした UI や REST API はVMまたは物理マシンで実行できます。
  • RHEV-H/ESXi: RHEV-H は RHEL から不要な機能を取り除いた、ハイパーバイザとして実行されるディストリビューションです(「シン」ハイパーバイザ)。KVM がハイパーバイザとして使用され、その周りに管理スタック (oVirt) が配置されます。このディストリビューションには余計な機能がなく、RHEV ハイパーバイザを実行するために必要なコンポーネントのみが含まれていて、攻撃に耐えるよう強化されています。ただし、カスタマイズはできません。
  • RHEL ハイパーバイザ / ESX: さらにカスタマイズが必要な場合は、RHEL インスタンス全体をハイパーバイザとして使用することもできます(「シック」ハイパーバイザ)。この場合は、標準 RHEL マシン上で KVM および oVirt スタックを実行しますが、同じマシンにカスタム パッケージやカスタム サービスをインストールすることもできます。ただし、ノードの強化は自らの手で行う必要があります。
  • ストレージ ドメイン/データストア: RHEV はディスク イメージをストレージ ドメインに格納します。ストレージ ドメインは vSphere のデータストアと同じ目的に使用されますが、vSphere のデータストアとは構成が異なります。
  • データセンター/データセンター: RHEV にはデータセンターという概念もあります。VMware と同様に、ストレージ、仮想マシン、およびその他のリソースのグループがデータセンターに格納されます。

ハイパーバイザー間の重要な違い

RHEV と vSphere には、ストレージの面で重要な違いがいくつかあります。vSphere では、各仮想マシンが構成ファイル( vmx ファイル)で表され、構成ファイルはさらに他のファイル(ディスク、記述子など)を複数参照します。一般に、仮想マシンのすべての情報は1つのディレクトリに収められています。必要に応じてインベントリに仮想マシンを追加したり、削除したりできます。個々の仮想マシンが1つの vCenter のインベントリにのみ存在している限り、同じデータストアを複数の vCenter にマウントすることができます。

RHEV と vSphereには、ストレージの面で重要な違いがいくつかあります。vSphere では、各仮想マシンが構成ファイル( vmx ファイル)で表され、構成ファイルはさらに他のファイル(ディスク、記述子など)を複数参照します。一般に、仮想マシンのすべての情報は1つのディレクトリに収められています。必要に応じてインベントリに仮想マシンを追加したり、削除したりできます。個々の仮想マシンが1つの vCenter のインベントリにのみ存在している限り、同じデータストアを複数の vCenter にマウントすることができます。

要点

Tintri が提供する RHEV との統合機能は、VMware との統合機能と非常に似ています。アプライアンス自体が NFS ストレージ ドメインとして機能するため、RHEV ではアプライアンスを使用してデータを作成および保存することができます。データ パスとして使用するのはもちろん、REST インターフェイスを使用して RHEV-M と直接通信することにより、ストレージ構成を仮想マシンおよび vDisk に関連付けることもできます。

RHEV VM と VMWARE VM の比較

Tintri はここに示したストレージ面のすべての違いをバックグラウンドで処理します。新しい RHEV VM を Tintri VMstore に追加すると、vSphere VM を追加した場合とまったく同じようにUIに表示されます。パフォーマンスと容量の統計情報の表示、スペース効率の高い Tintri スナップショットの作成と管理、スペースを消費しないクローンの作成、およびレプリケーションの構成を、vSphere VM の場合とまったく同じように仮想マシン単位で実行することができます。唯一の違いは、ホストとハイパーバイザのフィールドです。これらのフィールドを使用すると、RHEV にホストされている仮想マシンと、vSphere にホストされている仮想マシンを見分けることができます。

Tintri は異種ハイパーバイザ間で仮想マシンの操作性を統合することによって、必要に応じて RHEV と VMware の混在環境を実現し、これらを比較できるようにしました。アプライアンスやボリュームを特定のハイパーバイザに静的に割り当てておく必要はありません。さまざまなハイパーバイザのストレージについて学習し直さなくても、Tintri ではすべての仮想マシンを同じ、簡単な方法で管理することが可能です。RHEV ユーザーは、VMware ユーザーが体験してきたのと同じ、強力かつシンプルな機能を利用することができるのです。