VMスケールアウト

容量IOPSを最適な状態に保つ真の仮想化向けのスケールアウト

VMスケールアウトは、容量やIOPSが必要になった場合に増設しすぐに拡張できるだけでなく、VMの稼働状況を分析しストレージプール内のVM単位で自動的に分散配置し最適な状態を保つことができます。

スケールアウトしてもTintriのシンプルさは変わらないため、管理者は1名のままで十分です。
1台からスタートし、最大で64台、40PBという巨大なストレージプールに48万台のVMを稼働させることができ、仮想マシン単位のQoSなどの自動管理に機能によって性能も担保します。

VMスケールアウト

VMスケールアウトのしくみ

1.稼働状況を分析

各仮想マシンの過去1ヶ月の稼働状況を分析し、ストレージプール内の最適な筐体を判断して仮想化マシンならびに仮想ディスクを分散配置します。

2.分散配置の推奨

時間、データ移動、容量稼働率の点で最もコストの低い最適化を見つけます。
ユーザーが推奨事項を編集すれば、VMスケールアウトはナレッジとして保持します。

3.結果の予測

ユーザーが推奨事項を実行すると、VMスケールアウトはその結果による効果や、実行にかかる時間などを表示します。

VMスケールアウトの特長

Tintri VMスケールアウトは、仮想化時代の新発想スケールアウトアーキテクチャーを実現した業界初のソフトウェアです。Tintriのプラットフォームを基盤とし、数千のVMから10秒間隔で収集する100万にのぼるデータ ポイントを使用して、複数ノードのプール全体でVMの分散を最適化します。VMスケールアウトでは、以下のことができます。

小規模で始めて大規模に拡大

最初は1台のVMstoreで数百のVMを運用し、やがて40PBの巨大ストレージプールに48万VM規模まで拡張することができます。

インテリジェントなスケーリング

過去の稼働状況を分析し、急速に成長しているVMを識別するとともに、高度なアルゴリズムを適用して成長を事前に察知し、プール内での適切なノードに配置することで、リソースが制限されることを回避します。

ストレージ間の分散配置をVM単位で実行

稼働中のVMが必要なストレージ容量とパフォーマンス全体を把握して最適化し、時間 / 帯域幅 / 容量に対するコスト効率が最も優れたアクションを推奨し、ストレージ間の分散配置をVM単位で行います。

推奨アクションを提示

推奨アクションを事前に検討し、コミットする前に予想される結果を確認することができます。また、推奨アクションは編集可能で、それをナレッジとして保持することで、ある特定のVMを分散配置から除外することもできます。