DX推進のためのITインフラ
シンプル運用・俊敏性
仮想化・クラウド基盤

いま求められるストレージ
選択のポイントを解説


VMware/Hyper-Vなど仮想化、クラウド基盤、仮想デスクトップ/VDIに
最適なストレージは? データ保護やランサムウェア対策、選択ポイントを解説

選択ポイント1.ストレージが導入や拡張のボトルネックにならないこと
導入/拡張/運用が容易であること

<Tintriなら>

ハイパーバイザーやネットワーク情報等の入力だけでストレージ構築は15分で完了。拡張・増設も15分

LUNやボリュームの設計は不要。管理は全てVM単位

パブリッククラウドと同等の俊敏性を実現

選択ポイント2.安定した高性能を必要な常に提供できること
安定した高性能を必要なVMに常に担保できること

<Tintriなら>

高性能NVMeオールフラッシュストレージ

仮想マシンレベルで性能を自動チューニング

手間をかけずに常に最高性能をアプリケーションに提供

選択ポイント3.問題発生時の対応が容易で迅速であること
問題発生時の対応が容易で迅速であること

<Tintriなら>

仮想マシン単位の性能の可視化が可能

サーバー、ネットワーク、ストレージ間の性能問題のボトルネックを瞬時に特定可能

選択ポイント4.高速に簡単操作のデータ保護、ランサムウェアにも対応できること
データ保護をシンプルに確実にできること

<Tintriなら>

ストレージ機能で高速に仮想マシン単位のバックアップ

仮想マシン単位、ファイル単位のリストアが可能

ランサムウェアから不可視の高度なスナップショット

選択ポイント5.TCO削減、導入・運用コストを見極める
安定稼働を手間なく実現できること

<Tintriなら>

仮想化と連携するソフトウェアを無償提供

重複除外などによって高い容量効率を実現

自動化によって運用コストを最大95%削減

選択ポイント6.HCIか3Tierか? 信頼性、運用、コストでトータルに比較する
HCIか3Tierか? 信頼性、運用、コストを見極める

<Tintriなら>

自動運用、簡単導入/拡張でHCIと同等以上の3Teirを実現

エンタープライズクラスのストレージの信頼性を提供

拡張した場合にもトータルコストや管理の複雑性が発生しない

選んで正解!

仮想化・クラウド基盤のためのオールフラッシュストレージ
Tintri VMstore T7000

Tintri VMstore T7000シリーズ

資料ダウンロード

ストレージガイドとHCI移行事例

なぜ、仮想化・クラウド基盤において、一般的なストレージやHCIでは解決できない課題をTintriが解決できるのか、ランサムウェア対策として有効なのか4つの資料で解説します。

  • (1)『サーバ仮想化ストレージガイド』
  • (2)『仮想デスクトップストレージガイド』
  • (3)HCIからの移行事例(武田薬品工業に買収された大手製薬会社シャイアー様)
  • (4)DCIGレポート:Tintri VMstore – 独自アーキテクチャがランサムウェアの被害を軽減

下記よりご登録・ダウンロードください。TintriではWebよりご登録いただいた方を対象に毎月プレゼントするTintri福引を実施しています。詳しくはこちら

    御社名*
    お名前*
    フリガナ
    メールアドレス*
    メールアドレス確認*
    <プライバシーポリシー>
    ご入力いただいたお客様の情報は、当社が定めた「個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱い、以下に定める範囲内で、利用させていただきます。
    ・お申込みいただいたセミナーや資料に関連するご案内のため
    ・お問い合わせへの対応、回答のため
    ・弊社のイベント、セミナーや製品・サービス等の情報のご案内のため

    お客様事例