サーバー・データベースの仮想化

従来のストレージにある複雑さやコストを伴わず、エンタープライズ・アプリケーションやデータベースなどの仮想化を実現

エンタープライズアプリケーションやデータベースなどの仮想化では、高いレベルのパフォーマンスを維持し、高い可用性が求めれます。そのためには、VMwareと統合されたシンプル管理を提供するTintriストレージが効果的です。

データベース仮想化の課題

データベースを仮想化する際には、複数のデータベースインスタンス間で適切なレベルのパフォーマンスと可用性を提供するために、大規模な計画や高価なストレージコストを必要とします。ストレージ、仮想化とデータベースのチームは、全システムを設計するために貴重な時間を費やし、サービスレベルを維持するために緊密に調整する必要があります。

データベースの要件は、仮想化環境のハードルを高くしてしまいます。単一のデータベース・インスタンスは、多くの場合、コンポーネント間で異なるサービス品質要件を有しています。

また、すべてのアプリケーションがそのLUNやボリュームに与えられたリソースを共有しなければならず、しばしば「ノイジーネイバー(うるさい隣人)」問題と呼ばれる、衝突を生じさせます。

Tintriの管理によるソリューション

Tintri VMstoreは、単一のデータストア内すべてにおいて、仮想ディスクレベルでの監視とQoSの提供を自動的に行い、データベースコンポーネントへ高いパフォーマンスを提供しています。VM、仮想ディスクおよびストレージコンポーネント間でのダイレクト接続を容易かつ迅速に識別し、パフォーマンス要件を満たします。

あらゆるデータベースやサーバアプリケーションに
パフォーマンスを保証

Tintriは各アプリケーションにそれぞれレーンを割当てます。LUNsやボリュームや共有ないため、すべてのアプリケーションは必要とする的確なパフォーマンスリソースを得ることができます。

全インフラストラクチャー全体でトラブルシューティング

あるアプリケーションが減速してしまっても、ルートの原因を疑ったり、電話口でサポートの対応を待ち続けたりする必要はありません。ホストやネットワーク、ストレージを通じて遅延(レイテンシ)を明らかにするために、TintriのUIなかにあるアプリケーション上でホバリングするだけで解決を図ることができます。

ストレージの需要の予測しアプリケーションの増加をスケール

ストレージ能力とパフォーマンスについての将来的な需要を正確に予測します。例えば、What-ifアナリシスによって、SQLサーバーを追加する正確な影響を瞬時にモデル化することができます。