データベース

データベースのストレージに関する課題を解決!運用の手間をかけずに高性能と安定運用を実現!

データベースの仮想化

データベースを仮想化には、適切なレベルのパフォーマンスと可用性を提供するために、大規模な計画や高価なストレージを必要とします。ストレージ、仮想化とデータベースのチームは、全システムを設計するために貴重な時間を費やし、サービスレベルを維持するために緊密に調整する必要があります。

Tintri VMstoreであれば、単一のデータストア内すべてにおいて、仮想ディスクレベルでの監視とQoSを自動的に行い、データベースに安定した高いパフォーマンスを提供します。

データベースのインフラを強化するTintriの機能

Tintri VMstore で Oracle を使用する際の ベストプラクティス ガイド(資料ダウンロード)

Database-as-a-Service (DBaaS) VMwareとTintriを利用したリファレンスアーキテクチャー(資料ダウンロード)

MS SQL連携

Tintriは、仮想環境においてハイパーバイザーとの連携によって仮想マシンレベルでストレージ機能を提供してきました。この先進的な技術を活かし、SQL Serverデータベースがインフラストラクチャーにどのように保存されているか新たな方法で認識し、データベース単位の管理を実現するSQL Integrated Storageを提供します。
SQL Integrated Storageでは、仮想・物理を問わず、MS SQL Serverにおいて、データベースレベルでの可視化、性能保証、データ保護を実現します。 ビジネスアプリケーションに活用されるSQL Serverのデータを、SQL Integrated Storageに保存することで、運用を劇的に簡素化し管理時間を大幅に削減し、ビジネスに集中することができるようになります。

SQL Integrated Storage テクニカル概要

Microsoft SQL Serverの価値を最大化するVMstoreのソリューション概要

データベースのインフラを強化するTintriの機能

あらゆるデータベースのパフォーマンスを保証

Tintriは各データベースにそれぞれI/Oレーンを割当てます。LUNやボリュームなどの物理的な管理や変更の手間なく、すべてのデータベースは必要とする的確なパフォーマンスリソースを得ることができます。

全インフラストラクチャー全体でトラブルシューティング

データベースの性能問題が発生した場合に、原因をすばやく特定して解決できます。データベース単位でレイテンシやパフォーマンスを可視化できるため、トラブルシューティングが容易になり、データベースを最も効率よく運用することが可能になります。

ストレージの需要を予測しアプリケーションの増加をスケール

スペース使用量やパフォーマンスなど、複数年にわたるトレンドから、将来の容量とパフォーマンスの成長を予測でき、リソースの計画を適切に立てることを支援します。