アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、管理を簡素化し、レイダースのフランチャイズスタジアムに迅速なROIを提供

オークランド・レイダースのIT課題

勝利チームを持つ偉大なアメリカン・フットボールのフランチャイズであることに加えて、オークランド・レイダースはIT革新者としても知られています。フランダースのITチームは、レイダーズの最近のデータセンターインフラの更新中にすぐに考えることにしました。

オークランド・レイダースは、NetAppストレージシステムを使用して、組織の一般および管理ソフトウェアソリューション、およそ200人の従業員向けの電子メールサービスを含むすべての内部ワークロードを実行していました。オークランド・レイダースの情報技術担当バイスプレジデントであるMatthew Pascoは、次のように述べています。「私たちのITチームは、ビジネスを実行するすべてのアプリケーションの高性能化を担当しています。しかし残念ながら、従来のストレージ環境は遅く、管理が困難でした。私たちのIT管理者は、主要なアプリケーションとサービスが許容できるレベルのパフォーマンスを確保するために容量を割り当てるために多くの時間を費やしていました。」

ティントリを選択

既存のストレージを更新する時期が来て、Pasco氏は今日、市場で入手可能な革新的な新しいインフラストラクチャのいくつかを検討することにしました。レイダースは2013年に2つのTintri VMstoreを導入しました。そして2017年には全ての仮想環境に対してTintriを導入しています。「ティントリと運命を共に歩むという決定は、実際にはとても簡単でした」とパスコは話します。「使いやすさ、高性能、ソリューションで得られるすべての仮想マシンレベルの統計情報に対して、非常に感銘を受けました。ティントリなら基本的に手放しで管理できるプラットフォームです。ストレージ自らが管理しており、すべてがうまくいっているため、私は何もする必要もなくなりました。」


「オークランド・レイダーズ」( 2017年1月26日 (木) 01:39 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

操作上のオーバーヘッドの削減

レイダーズのIT管理者は、毎月、NetAppストレージシステムの管理をするために何十時間も費やしていましたが、ティントリに替えてからは管理時間がほぼゼロになりました。Pasco氏は、「IT管理がゼロなのはとても助かります」と話します。

ティントリに移行することで、オークランド・レイダースは、ITインフラストラクチャの運用コスト(OpEx)を50%削減し、ティントリの初期投資をわずか6カ月で回収することができました。

ハッピーカスタマー

「IT組織がうまく行っているときの最大の指標は、誰もが苦情を言わないときです。私たちのエンドユーザーは、この高速に動作するアプリケーションに対して感謝するわけではないですが、私たちは苦情が来ないことが何よりなのです。ティントリに移行して以来、システムのパフォーマンスについて何の苦情も受けていませんので、新しいソリューションへの信頼を確信しています。

TINTRI GLOBAL CENTERの見やすさ向上

Pasco氏は、Tintri Global Center(TGC)のインターフェースにも感銘を受けました。「ティントリのシステムは非常に緊密です。管理インターフェイスは使いやすく直感的ですが、システムの基本性能が非常に優れているため、TGCで提供される仮想マシン単位の状況を見る必要はほとんど無かったりします。」

システムのアップグレード

オークランド・レイダースは2017年に2台のVMstore筐体をアップグレードし、より多くの容量とパフォーマンスを導入しました。「NFLはITの戦いでもあります」とPasco氏は説明します。「大規模なデータ分析やオンラインコラボレーションツールなど、当社が利用する多くのアプリケーションが現在データセンターにて稼働しています。そのITサービスの成長はティントリへの追加投資によって実現したものです。」

2017年のデータセンターの更新には、シスコのアップグレードされたネットワークとコンピューティングリソースも含まれています。「使いやすさ、柔軟性、リニアスケーラビリティに関するティントリの価値提案は、Cisco UCSコンピューティングプラットフォームにも共通しています。2つのソリューションはお互いに非常によく補完しています。」「ティントリのサポートチームが新しいシステムのインストールをすると言ってくれましたが、実際簡単なので私たちはそれを自分で行いました。全体のインストールでは、わずか30〜45分しかかかりませんでした。」

勝利記録をサポート

では、ティントリは最終的にレイダースの勝利に貢献したのでしょうか?この疑問は、オークランド・レイダース フランチャイズシステムエンジニアである、アーウィン・ダリア(Erwin Daria)氏から答えてもらいました。「レイダーズが2013年に初めてティントリの顧客になり始めの年の勝敗記録はわずか4-12でしたが、それが2016年には12-4になってプレーオフまで進出することができました。これはティントリの導入と関係があると思いませんか?」


「オークランド・レイダーズ」( 2017年1月26日 (木) 01:39 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

議論の余地がない1つの事実は、レイダースのITチームがストレージ管理から解放されるたため、より戦略的なプロジェクトに取り組むことが可能になったことです。Pasco氏は、「アメフトの試合に勝ったことが直接的にティントリのおかげとは言いませんが、基盤となるインフラストラクチャには手間を掛けずに、フランチャイズやチームリーダーのITニーズをサポートできるようになったことは事実です。新しいアプリケーションやサービスを導入するときも、インフラストラクチャとITリソースの運用で悩む必要がなくなりました。私たちのシステムはほぼ100%仮想化されており、すべてがティントリで実行されているので、すべての要求に対して「はい、できます」と簡単に答えることができます。ティントリのおかげで、私たちのフランチャイズのITニーズを簡単に満たすことができるようになったのです。」