ファイルサーバーを仮想化する際のベストプラクティスガイド

ファイルサーバーを仮想化する際のベストプラクティスガイド

本書では、Tintri VMstore でWindowsファイルサーバーを仮想化してCIFS(SMB)ファイル共有ソリューションをホストする場合のベスト プラクティスについて説明します。

・マイクロソフトの CIFS(SMB) ファイル共有ソリューションのアーキテクチャーを構成する方法は数多くありますが、ここでは Tintri VMstore に適用されるベスト プラクティスについて紹介します。

・Tintri VMstore は仮想マシン専用ストレージ ソリューションです。仮想化に関する実務知識を持つ IT 管理者であれば、Tintri ストレージを簡単に展開できます。Tintri ストレージを展開する場合、LUN のプロビジョニング、HBA の互換性チェック、FC LUN のゾーニングといった操作を事前に行う必要はありません。VMware 管理者は Tintri VMstore 全体を単一のデータストアとして扱えます。

・Tintri VMstore はvSphereやHyper-Vなどの仮想化ソフトウェアとシームレスに統合された、スナップショット、クローン、ボトルネックのリアルタイム可視化、仮想ディスクの自動アライメントなどを提供します。

下記よりご登録ください。

    御社名*
    所属部門*
    役職*
    お名前*
    フリガナ
    メールアドレス*
    メールアドレス確認*
    電話番号*
    お立場*
    郵便番号
    住所
    <プライバシーポリシー>
    ご入力いただいたお客様の情報は、当社が定めた「個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱い、以下に定める範囲内で、利用させていただきます。
    ・お申込みいただいたセミナーや資料に関連するご案内のため
    ・お問い合わせへの対応、回答のため
    ・弊社のイベント、セミナーや製品・サービス等の情報のご案内のため