エントリーモデル Tintri T1000

信頼性と機能をそのままに。オールフラッシュ・エントリーモデル

データシートはこちら

Tintri T1000

Tintri T1000は、ティントリのストレージのエントリモデルです。エントリーモデルでありながら、エンタープライズモデルのTintri EC6000と同じハードウェアプラットフォーム、同じOSおよび管理ソフトウェア採用し、信頼性と価値をお客様に提供します。Tintri T1000は論理実効容量で10TBのフラッシュを搭載し、最大で100台の仮想マシンをサポートします。

ティントリのバリューをエントリー価格で

T1000は、ティントリならではが持つ、先進的でかつ信頼性の高い、仮想化専用ストレージ機能を搭載しています。

  • エンタープライズクラウドと仮想化に最適化したTintri OSを搭載
  • EC6000シリーズと共通のハードウェアプラットフォームを採用

さらに、ティントリならではの仮想マシン単位での以下のような機能を実現しています。

  • 自動QoS
  • データの保護
  • ワークロードの管理
  • パフォーマンスの見える化

導入がしやすいエントリー価格でご提供しています。

レプリケーションをバンドル

  • 保存データの遠隔地複製を標準サポート
  • 複数の拠点に設置したTintri T1000からセンターのTintri EC6000にデータの複製を集中化
  • データの重複除外と圧縮で、従来ストレージと比較して95%WAN帯域幅を削減した効率の良い遠隔地複製を実現
  • レプリケーションのスケジュールを仮想マシン単位で設定するとともに、リストアも必要な仮想マシンだけ行うことで、WAN帯域のデータ転送量を削減

100台以下の小規模VDI環境に最適です

  • 仮想デスクトップ(VDI)単位で最適化された自動QoSで、ブートストームの問題を完全に解消
  • 手動QoSでVDIごとに性能保証を設定することが可能
  • インライン重複排除とデータ圧縮で、データ量を最小限に縮小

検証テストに

  • Tintriの大規模導入を前に実環境 / 実サイトでテストしてみたいというニーズに対応
  • 検証テストで導入したT1000をそのまま実運用として利用可能
  • 拡張する際は、ノードを追加して複数台をTintri Global Centerで一元管理可能
  • コンピューティングとストレージが物理的に分かれていることで柔軟な拡張にも対応
  • Tintri アナリティクスを利用することで、コンピューティング(サーバー)とストレージのリソース利用分析や将来予測が可能

バーチャルデモ

ティントリ製品デモビデオ(日本語版 – ティントリジャパンのYouTubeチャネルへのリンク)

Tintriデモビデオ #1 – Tintri VMstoreのネットワーク構成

Tintri VMstoreの一般的なネットワーク構成についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

Tintriデモビデオ #2 – 仮想マシンごとの性能情報を可視化

Tintri VMstoreの管理画面でゲストOS毎に可視化できる情報やリソースの最適化についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

Tintriデモビデオ #3 – 仮想マシンごとのボトルネックを可視化

性能問題が起きているゲストOS、ボトルネックの箇所を瞬時に特定できる「Tintri VMstore」の管理画面についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

Tintriデモビデオ #4 – 10分で終了するTintri VMstoreの初期設定

煩雑な構成設計や性能チューニングなどを必要としない「Tintri VMstore」は電源を入れたら約10分で利用可能になります。実際の初期設定内容をティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

Tintriデモビデオ #5 – Tintri管理画面でマシンを状態監視

Tintri VMstoreの管理画面で確認できる、ハードウェアの状態についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

Tintriデモビデオ #6 – Tintri Global Centerで複数の筐体を集中管理

複数のTintri VMstoreの状態監視や性能情報をシングルビューで表示することが可能となる管理ソフトウェア「Tintri Global Center」についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。