Tintri VMstoreがInfoWorldの「2015 Technology of the Year Award」を受賞

「これは今までの汎用的なストレージ アレイとは異なります」

米国カリフォルニア州マウンテンビュー発、2015年1月29日-  仮想化およびクラウド環境向けのスマートス トレージの大手メーカー- 仮想化ならびにクラウド環境のスマート ストレージを提供するTintri, Inc.(Tintri インク、本社:米国カリフォルニア州、CEO:ケン クライン、以下米国Tintri by DDN)は、本日、Tintri VMstoreがInfoWorldの「2015 Technology of the Year Award」を受賞したことを発表しました。この賞はInfoWorldのレビュワーによって選出された昨年の最も優れた製品に対して授与されます。今回の受賞には、米AppleのiPhone 6、HTML 5、Apache HadoopとDockerなどのハードウェア、ソフトウェア、開発ツールならびにクラウド サービスが含まれています。

当資料は、2015年1月29日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

InfoWorldは、Tintri VMstoreが仮想マシン単位でのデータ管理サービスと分析を提供できる点において他製品との差別化を認識しています。「Tintriは『LUN』や『ボリューム』といった昔ながらのストレージの仕組みを取り払いました。VMをストレージ管理の中心に置いており、管理者はVMのパフォーマンスをリアルタイムで見える化でき、仮想マシンと仮想ディスクのレベルでストレージ管理を直接操作できるようになります」とInforWorldはコメントしており、「これはあなたの知っているかつての汎用的なストレージ アレイではありません」と表現しています。

「Tintri VMstoreはストレージの現状(Storage Quo)を打破するためにこの差別化を見出しました」と米国Tintri by DDNのマーケティング最高責任者(CMO)であるヤエル ツェンは述べています。「他のストレージ ベンダーは枯れた物理ストレージのアーキテクチャーから脱することができずにいますが、企業のITシステムの70%以上が仮想化されている状況には適していません。それに比べてTintri VMstoreは顧客の仮想化戦略を実現するために設計されているのです。

Tintri VMstoreは、VMwareやRed Hat Enterprise Virtualizationといったマルチ ハイパーバイザーをサポートしています。Tintri VMstoreは、業界で唯一のVM単位で管理できるストレージです。
Tintri VMstoreの製品や機能の詳細はWebサイトをご参照ください。