ティントリジャパン、小規模のVDIやサーバー仮想環境に最適な コストパフォーマンスに優れたオールフラッシュ ストレージのエントリーモデルを発表

~ メインストリームのTintri EC6000と同じハードウェア アーキテクチャーと オペレーティング システムを採用し、エントリーモデルでも安心して導入することが可能 ~

企業向けエンタープライズ クラウド プラットフォームのリーディング プロバイダーであるティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野 通明、略称:ティントリジャパン)は、スケールアウト オールフラッシュ ストレージのエントリーモデルである「Tintri T1000」を発表しました。この「Tintri T1000」は、これまでのTintri EC6000オールフラッシュ シリーズではカバーできなかった小規模の仮想環境に最適な、とても導入しやすいモデルとなります。今回の「Tintri T1000」の発表により、ティントリのオールフラッシュ ストレージは、仮想マシンが100台以下の小規模な仮想環境から、最大で48万台の巨大なエンタープライズ環境まで広範囲に対応することが可能となりました。

今回発表した製品は次のとおりです。

「Tintri T1000」 オールフラッシュ アレイ

「Tintri T1000」は、エンタープライズ モデルのTintri EC6000と同じハードウェア プラットフォーム、同じOSおよび管理ソフトウェアを採用し、エントリーモデルであってもこれまでのTintriと変わらない信頼性とバリューをお客様に提供します。「Tintri T1000」は論理実効容量で10TBのフラッシュを搭載し、最大で100台の仮想マシンをサポートします。

「Tintri T1000」の主な特長

  • Tintri EC6000と同様に、主要なハードウェアコンポーネントを2重化し、コントローラーはアクティブスタンバイ構成を取ることで堅牢性を保っています。ティントリ単一のOSであるTintri OSを搭載し、仮想環境に最適なストレージ ソリューションを提供します。
  • レプリケーションおよびセキュリティのソフトウェアがあらかじめパッケージ化されており、データの遠隔地複製を日常的に利用することができます。データセンターにEC6000を用意して、複数の拠点に設置した「Tintri T1000」のデータを集中的にEC6000に複製するなどの運用が可能となります。また、遠隔地へのデータ複製をする際は、転送するデータを予め重複排除と圧縮することで、WAN帯域を95%効率化することができます。
  • 企業内のさまざまな業務を最適化します。それぞれの仮想マシンのパフォーマンスに合わせてリアルタイムに適切なストレージ リソースを割り当てます。この自動QoS機能により、ストレージ管理者の手を煩わす事なく最小限のコストで日々の運用を行うことができます。
  • アプライアンス モデルでお客様に提供されます。全てのコンポーネントは予め適切に構成されており、納品されてから30分以内で本番運用することができます。
  • Tintriクラウド コネクターを使用することで、Amazon Web Services(AWS)S3などのパブリッククラウドへのデータ バックアップを可能にします。

「Tintri T1000」の利用用途

  • 小規模な仮想デスクトップ環境、サーバー仮想化環境など、これまでは物理サーバーの内蔵ストレージやHCI(ハイパー コンバージド インフラストラクチャー)などで対応していたようなインフラストラクチャー運用を「Tintri T1000」に置き換えることで、運用コストと手間を大幅に削減するとともに安定したパフォーマンスが得られます。
  • これまでは規模が小さいために躊躇していたような地方拠点でも導入が可能となります。ストレージ管理者の知識はあまり必要なく、どなたでも簡単にオールフラッシュ ストレージを運用することができます。
  • エンタープライズ環境でティントリを導入するにあたり、事前に実環境にて検証やテストを行うニーズに対応します。検証テストを行った後は、「Tintri T1000」をそのまま実運用として利用できます。拡張する場合は、Tintri EC6000シリーズを追加し、Tintri Global Centerで集中管理することが可能です。

価格について

  • 「Tintri T1000」 オールフラッシュ アレイの主な仕様と価格は以下のとおりです。

モデル

物理実効容量

論理実効容量*

サポートVM数

参考価格(税抜)

T1000

2TB

10TB

100

5,452,500 円

※論理実効容量は、インライン重複排除および圧縮を用いたデータ削減後の値です。シンプロビジョニングによる効果は含まれていません。

販売と出荷について

「Tintri T1000」は2017年12月より、ティントリの販売代理店経由にて販売ならびに出荷されます。


「Tintri T1000」製品写真(下記よりダウンロード可能です)

正面写真:t1000frontjpg

参考情報
「Tintri T1000」関連情報:https://tintri.co.jp/products/tintri-t1000
「Tintri T1000」データシート: tintri_1000_datasheet_20171002.pdf