パナソニック システムネットワークスが、グループ内のプライベートクラウド基盤に ティントリ スマートストレージを導入

仮想化ならびにクラウド環境のスマートストレージを提供するティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野 通明、略称:ティントリジャパン)は、パナソニック システムネットワークス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高木 俊幸、略称:パナソニック システムネットワークス)が、社内プライベートクラウド基盤を再構築する際に、仮想化系スマートストレージ 「Tintri VMstore(ティントリ ヴイエムストア、以下ティントリ)」を導入し、簡単に管理できるシンプルなストレージ環境を構築したことを発表しました。

【ティントリ導入以前の主な課題】
セキュリティ、コミュニケーション、オフィス、ターミナルシステムにおける先進的な製品群と、構築、施工から保守、運用まで一貫したソリューションを提供するパナソニック システムネットワークスは、これまで運用していたパナソニックグループ内のプライベートクラウド基盤を、よりシンプルで扱いやすい環境に再構築することを目指していました。実際の業務では複雑な専門知識が要求される場面も多く、誰もがすぐに運用できるわけではなかったため、効率的なクラウド運用をどう実現するか検討していました。

従来型のストレージの場合、構築と運用に高度な専門知識が必要であり、クラウド基盤の運用効率化を図る上でのネックとなっていました。多種多様な仮想サーバ群のパフォーマンスを最適な状態に保つには、管理者が意識して性能監視などを行う必要がありました。

【ティントリを選択した経緯】
こうした課題を解消するストレージとして、導入の際の複雑な設定が不要である、ティントリが新たに採用されました。ティントリはVMwareによる仮想環境をターゲットとしたユニークなストレージであり、既存のストレージ製品と異なりLUN (*1) やボリュームの概念を持たないことが特徴です。専用の管理画面から見えるのは仮想マシンと仮想ディスクだけであり、運用管理もすべて仮想マシン単位で行うことができます。このため、ストレージ技術に精通した管理者でなくとも、容易に運用管理が行えることがわかりました。

【ティントリの導入効果】
ティントリはまるで大きなバケツのようなもので、仮想マシンを作成する際は、このバケツの中にどんどん放り込んでいくだけで良いため、今までのようにストレージ設計に気を遣う必要がなくなり、パナソニック システムネットワークスが目指すシンプルなクラウド運用が実現しました。

そして、実際の構築フェーズでは、これまでの経験だと、システム要件に合ったストレージ環境を設計するのに概ね2週間程度掛かっていたところ、今回はこのプロセスを完全に省くことにより、構築期間を約半分に短縮できました。あらかじめ定義したテンプレートから仮想マシンを作成するのに、従来は少なくとも数十分程度の時間が掛かっていたところ、ティントリではわずか数秒程度*で終了しました。仮想マシンを短時間で作成できるため、ユーザーに対するサービスレベルが大きく向上しました。

さらに、クラウド基盤のパフォーマンスが大きく向上しました。ティントリは、WebサーバやDBサーバといった用途に合わせて最適なQoS (*2) 制御を行うことができます。また、インライン重複排除/圧縮技術を組み合わせて、SSDの能力を最大限に活かす独自アーキテクチャにより、以前よりもレスポンスが早くなりました。設置スペースも以前の1 / 3 程度で済んでおり、省電力化にも役立っています。

本事例の詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
https://tintri.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/09/140716-tintri-psn-5.pdf


*仮想マシンの作成時間について:VMware VAAI と テンプレートを使用した場合

(*1) LUN: Logical Unit Number – 複数のドライブを持つ装置を個別にアクスできるようにするための論理的な識別番号

(*2) QoS: Quality of Service – アプリケーションの要求するパフォーマンスを、いかに満足できるように提供(サービス)できるかの尺度


パナソニックシステムネットワークス株式会社について

パナソニックシステムネットワークス株式会社は、パナソニックグループ内において、セキュリティ、コミュニケーション、オフィス、ターミナルシステムにおける先進的な製品群と、構築、施工から保守、運用まで一貫したソリューションを提供する企業です。

同社のHPは以下の通りです。URL: http://panasonic.co.jp/avc/psn/


ティントリジャパン合同会社について

ティントリジャパンは、米国ティントリ社の日本法人として、2012年に設立されました。米国ティントリ社は、仮想化環境を監視、把握、適応できるスマートストレージを提供するストレージ・ベンダー企業です。同社のスマートストレージを導入することで、IT部門のストレージ管理負担を劇的に軽減し、仮想化されたアプリケーションでのサービスに集中できるようになります。

アプリケーションに最適化されたティントリ スマートストレージは、仮想マシン単位での可視化、制御、洞察、即時適応を提供し、ストレージの複雑な設計やトラブルシューティングから解放されます。ティントリ スマートストレージは、ビジネスクリティカル データベース、エンタープライズ アプリケーション、デスクトップやモバイル アプリケーション、プライベート クラウドといった数百から数千台の仮想マシンを快適に稼働させることができます。

ティントリ製品は、AMD、F5ネットワークス、GE、NTT、ミラークアーズ、タイムワーナーなどのグローバル企業での仮想化やプライベートクラウド環境で利用されています。

ティントリの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.tintri.co.jp

ティントリジャパンのFacebookは以下のURLをご参照ください。
http://www.facebook.com/TintriJapan


【本件に関するお問い合わせ先】

  企業名:ティントリジャパン合同会社

  担当者名:マーケティング本部・ 羽鳥(はとり)正明

  TEL:03-3216-7345(代表)

  Email:info.japan@tintri.com