ファイルサーバーを仮想化する際の ベスト プラクティス ガイド

要旨

本書では、Tintri VMstore でWindowsファイルサーバーを仮想化してCIFS(SMB)ファイル共有ソリューションをホストする場合のベスト プラクティスについて説明します。マイクロソフトの CIFS(SMB) ファイル共有ソリューションのアーキテクチャーを構成する方法は数多くありますが、ここでは Tintri VMstore に適用されるベスト プラクティスのみに範囲を限定して、一部のシナリオを検討します。

Tintri VMstore は仮想マシン専用ストレージ ソリューションです。仮想化に関する実務知識を持つ IT 管理者であれば、Tintri ストレージを簡単に展開できます。Tintri ストレージを展開する場合、LUN のプロビジョニング、HBA の互換性チェック、FC LUN のゾーニングといった操作を事前に行う必要はありません。VMware 管理者は Tintri VMstore 全体を単一のデータストアとして扱えます。

Tintri VMstore は極めて高いパフォーマンスと VM 密度を誇り、vSphereやHyper-Vなどの仮想化ソフトウェアとシームレスに統合された多数の強力なデータ管理機能を提供します。データ管理機能には、スナップショット、クローン、ボトルネックのリアルタイム可視化、仮想ディスクの自動アライメントなどがあります。Tintri VMstore は根本的に仮想マシン (VM) に最適化されており、コンピューティング スタックの最上位からストレージ システムまで、仮想化環境全体の管理を簡素化します。


ホワイトペーパーのPDF版はこちら