VDIは企業にとって大きな利益

Body: 

VDIによって、企業が抱えるハードウェアの二つの問題を解決

VDIを導入しようと考えている企業もあるのではないでしょうか。VDIとはデスクトップ環境をサーバーに集約することを意味します。そのため、クライアント端末からネットワークを経由してサーバーにアクセスして、アプリケーションやオペレーティングシステムを起動させることになります。従来の場合、多くの企業では物理デスクトップが使用されていました。しかし、物理デスクトップの場合は、逆に企業の経費が多くかかってしまう場合があります。また、セキュリティ面においても、軟弱になる場合があるので現在ではこのVDIが注目されているのです。

VDIを導入することによって企業が抱える二つのハードウェアの問題を解決することができるのです。一つ目の課題はパソコンの故障によるデータの損失です。社員一人ひとりが、従来のように個々の端末に依存している場合、データはすべて社員ひとりのパソコンに記録されることになります。もし重要なデータを扱っている社員のパソコンが何らかの原因で故障した場合、データが損失することになります。確かにデータを復元することは可能になります。なぜならば、現在では多くの業者が復元の代行をしてくれるので費用を捻出することによって復元ができる可能性があるからです。しかし、故障の状況によっては、復元をする場合大きな費用がかかることがあります。また、状況によってはデータを復元できない場合もあるのです。このような課題に対してVDIを導入することによって解決することができるのです。基本的に従来の端末依存のデータ記録をおこなわず、データはサーバーに依存することになります。そのため、一つの端末が故障してもサーバーがデータを記録しているので、新しいパソコンを購入することでデータを復元することができるのです。

二つ目の課題は、企業で使用するパソコンの性能です。企業によってもパソコンの性能は異なりますが、なるべく業務の効率化を図るために高性能のパソコンを使用している企業もあるのではないでしょうか。高性能のパソコンを使用する場合、通常のパソコンを使用するよりも多くの費用が必要になる場合があります。そのため企業に与える負担が大きくなってしまいますが、VDIに変更することによってサーバーの性能に依存するので、クライアント端末の性能を過度に向上させなくても十分に高性能のパソコンを使用することができるようになるのです。そのため、これまでの負担を大幅に軽減することが可能になるのです。

VDIによって企業が抱えるセキュリティの問題

VDIではハードウェアに関する課題だけでなく、セキュリティの課題に関しても解決することが予想できます。それは、データが外部に漏れてしまう危険性があるということです。

社員の中には、企業が知られたくない情報を取り扱っている場合もあります。その企業が知られたくない情報とは、顧客データやプロジェクトの内容です。もしデータが端末に依存している場合、安易に社外持ち出すこと可能になってしまいます。現在ではデータを移すための機器が豊富にあります。たとえばUSBメモリなどです。社員が、これを会社のパソコンに接続して記録をすることは比較的容易なのではないでしょうか。しかし、VDIを導入することによってこの課題も解決することが可能になります。VDIは基本的にデータはサーバーにおいて集約されています。サーバー上でデータの取り扱いの権限を変更することによって、気軽にデータを持ち出せる危険性を大幅に削減することができるのです。

このようにVDIでは、企業が抱えるセキュリティの課題に関しても解決することが可能になります。そのため現在ではこのシステムが注目されているのです。

VDIを導入しよう

VDIを導入するためには専門の業者の方にお願いをする必要があります。専門の業者を選ぶ際には三つのポイントがあります。

一つ目は導入事例がしっかりとあるかどうかです。導入事例を見ることによって企業の取り組みなどを見ることが可能になります。また、業者によってはお客様の声なども掲載されているところもあるので、そこをしっかり確認することで業者を選ぶ際の参考になる場合があるのです。二つ目はサポート体制が充実しているかどうかです。サポート体制はとても重要になります。始めて導入する場合、分からない点などが多々発生する可能性があります。そのため、なるべくサポート体制が充実しているところを選択する必要があります。三つ目は分かりやすいシステムを導入してくれるかどうかです。専門的な部門になるので、使っていくにつれて多くの不明点が出て来る可能性があります。分かりやすいシステムの場合だと、導入をすることが用意になる場合もあります。では、どのような方法で業者を見つけていけばいいのでしょうか。それは、インターネットによる選出方法です。

業者によったら、導入例をサイトに掲載しているところもあります。その導入例を参考にすれば、最適な業者を見つけ出せるときもあるのです。

 

 

 

 

 

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。