afa

3D NANDフラッシュとは

現在、半導体メモリといえば、DRAM(Dynamic RandomAccess Memory)、SRAM(Static Random Access Memory)、フラッシュの3種類が主なタイプとされてきました。そして、さらにフラッシュメモリには、NOR型と NAND型が存在することになります。NOR型はかなり以前より使われてきているものですが、NAND型は2000年前後から記録メディアの保存媒体として急速に普及した商品といえます。そのNAND型の中で3次元に積層した新たなモデルが開発されて市場の注目を浴びています。これが3D NANDフラッシュと呼ばれる商品です。この新たな構造の製品が発表されてから実際の開発、販売までにはかなりの時間がかかりましたが、今まさに複数のメーカーが競争環境のなかで熾烈な戦いを進めており、商品の高度化と低価格化の真っ最中にあるといえる状況です。

Japanese
Tags: 
SSD
afa

ティントリジャパン、業界初の「仮想化専用」オール フラッシュ アレイ 「Tintri VMstore T5000オールフラッシュ シリーズ」を販売開始

仮想化ならびにクラウド環境のスマートストレージを提供するティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野 通明、略称:ティントリジャパン)は、業界で初めて仮想化専用オール フラッシュ アレイ「Tintri VMstore(ティントリ ヴイエムストア)T5000オールフラッシュ シリーズ(以下T5000)」、最新オペレーティング システム「Tintri OS(ティントリ オーエス)4.0」、ならびに「Tintri Global Center(ティントリ グローバル センター:以下TGC) 2.1」の販売を開始しました。 


Tintri VMstore T5000 オールフラッシュ シリーズ

Japanese