タイム トラベル<br>VM リカバリー<br>(SyncVM)

「当社のアプリケーション チームでは、開発およびテスト サイクルを迅速化させる必要がありました。彼らにとって時間は貴重です。アプリケーション チームでは、必要とする支援をストレージ チームから得られるとは思っていませんでした。SyncVM を使用することで、以前は何日も何週間もかかっていた更新が数分で完了するようになりました。VM のスナップショット履歴全体を前後に行き来して、ほぼ瞬時にポイントインタイム リカバリーを行うことができる上、スナップショットや VM の履歴を失うこともありません。」

AMD プロダクト エンジニア Ross Alaspa 氏


Tintri SyncVM の5つの特長

  1. 数時間から数日間かかっていた、単数または複数の VM や vDisk の更新を、サイズに関わらず、数分で更新できる業界初の VM 単位のデータ同期製品
  2. 本番データのコピーから VM 単位で高速にデータ更新するため、アプリケーション開発が迅速化される。VM の再構成は不要
  3. タイム トラベルのように VM のポイントインタイム バージョンを自由に選択し、瞬時に効率的に復旧することが可能
  4. 時点を前後に移動して選択する場合でも VM のスナップショットとパフォーマンス履歴を保持
  5. ユーザー インターフェイス上で数回クリックするだけで復旧または同期が完了。PowerShell および REST API を使用して自動化することも可能


SyncVM を使用すると、IT チームと DevOps チームはコピー データの管理と復旧の課題にきわめて迅速かつ効率的な方法で対処できるようになり、従来のアプローチにつきものだった運用上のオーバーヘッドやストレージ消費が低減されます。

VM ベースの環境を新しい本番データで更新しようとする場合、現在の方法ではデータのコピー、スナップショット内でのターゲット VM の識別、新しいデータ セットを使用するための既存の VM の再構成といった作業が必要であり、アプリケーション開発チームは処理に時間がかかり非効率的だと感じています。Tintri SyncVM では、VM のサイズに関わらず数分で効率的に VM 単位のコピー データ管理を行うことが可能であり、パフォーマンス履歴が消えることもないためアプリケーション開発を迅速化することができます。

また Tintri SyncVM を使用すると、IT オペレーターは必要に応じて  VM のポイントインタイム バージョン間をタイムトラベルのように前後に移動して選択できます。


本番稼働しているVM のスナップショット コピーから、vDisk 単位で任意のVM にデータを即座に更新することができます。ユーザー インターフェース上で数回クリックするだけで復旧または同期が完了するので、アプリケーション開発およびテスト工程を短縮が迅速になります。

 

ティントリによる VDI 基盤の構築

ストレージの複雑性を解消し、常に安定したパフォーマンスを提供

数百台から数万台のVMパフォーマンスを満たし、費用対効果の高くシンプルな管理が行えるストレージプラットフォームを提供します。Tintriファイルシステムは、手動での設定や、VMの配置を行うことなく、フラッシュから各VMへ優れたパフォーマンスをもたらします。

ティントリにご興味のある方はフォームでのご連絡をお待ちしております。