VMに最適化されたTintriのQoS(サービス品質)と性能保証

QoS

対象となる読者

このドキュメントでは、ティントリの VM 単位のサービス品質 (QoS) 機能で、SLAにて定められたパフォーマンスを提供し、仮想データセンターのインフラで大きな課題になっている「うるさい隣人(ノイジー ネイバーズ)」問題を解決する方法を解説します。

本ドキュメントは、サービスレベル、パフォーマンス要件、あるいは予算に応じたさまざまなレベルのサービスをティントリによるVM 単位の QoS機能を用いてデータセンター管理者やサービス プロバイダーの方々がどのように設定・管理できるのかについてご理解頂けることを目的としています。仮想データセンター内のTintri VMstore で、複数のハイパーバイザーを稼働させながらQoS ポリシーを適用し、さまざまなサービスレベル要件を持つユーザーのワークロードを、手間をかけずに管理する方法を提示します。さらに、読者はTGC(Tintri Global Center)が複数の Tintri VMstore を1つの管理画面で操作する仕組みを理解できます。


ホワイトペーパーのPDF版はこちら