Tintri VMstore T800シリーズのデータ圧縮による容量拡張の仕組み

Tintri VMstore T800シリーズは、ハードディスク上で機能するデータ圧縮をサポートしています。VM(仮想マシン)のデータを圧縮した状態でハードディスクに格納することで、物理的な実効容量に対して2~2.5倍の容量を提供します。物理的なコストは変わらないため、ユーザーが利用できる容量単価を50%まで低減しています。

このビデオでは、データ圧縮の仕組みをアニメーションでご紹介しています。