Tintri SecureVM(保存データの暗号化)

保存中のデータをリアルタイムでAES-256ビット暗号化するオプションソフトウェア

Tintri SecureVMでは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与えずに、リアルタイムでデータの盗難や紛失を防ぐことができます。 しかも、暗号化していてもパフォーマンス低下や容量の減少は起きません。AES-256ビットのアルゴリズムを使用してデータをインラインで暗号化し、自己暗号化ドライブと連携して動作しますので、パフォーマンスのオーバーヘッドが発生しないのです。

「Tintri SecureVM による暗号化は、有効にするだけで簡単に使用できました。設定はクリックするだけです。パフォーマンスはまったく低下しませんでした。保存中のデータが暗号化されてコンプライアンス部門は非常に満足しています!」

アーカンソー大学システムエンジニアScott Zemke氏

セキュリティを重視する現在の環境では、特に金融、政府機関、医療業界で、ドライブ交換時や日常的なハードウェアメンテナンス時も含めて常にデータを盗難から保護できるよう、厳格なポリシーまたは政府による規制が適用されることがあります。Tintri® SecureVM™によって保存中のデータをリアルタイムに暗号化し、最高のセキュリティ基準に準拠しながら、ポリシーおよび規制要件に適合することができます。

SecureVMの5つの特長

  1. いつでも保存中のデータの暗号化を有効にできるため、法令遵守規定に即座に対応
  2. SecureVMのアクティブ化と管理を極めてシンプルに実行
  3. 何らかの理由でキーに障害が発生した場合も必要に応じてUIからキーをローテーション
  4. AES-256ビット暗号化標準によって最高レベルのセキュリティを実現
  5. オプションの ReplicateVM ソフトウェアと組み合わせることにより、暗号化が有効かどうかに関係なく、VMstore間で簡単にレプリケート(転送中のデータは暗号化されません)