シンクライアントのメリットについて

Body: 

シンクライアントの種類

シンクライアントと一口に言っても、その種類は様々で、それぞれでメリットがやや異なります。「仮想PC型」というタイプは、高性能であるサーバー上にハイパーバイザーを用いり、複数台分とも言える仮想のデスクトップを集約させるものです。クライアント端末の接続は、画面店頭プロトコルを用いられ、それぞれの仮想デスクトップにつなげます。そこで、どの仮想デスクトップにつなげるのかはコネクションブローカーが自動振り分けを行う事で、ユーザー自身は意識する必要がないというものです。集約型でありながら、クライアント環境の独立性が保たれ、管理性をより高める事が可能です。また、「ネットブート型」というものもあります。これはクライアント端末でもディスクレスなものを用意します。管理サーバー上にある単一イメージファイルで、アプリやOSなどをネットワークを通じてブート出来ます。永続的に保存を必要とされるデータなどに関しては、ネットワークストレージなどへと、ネットワークを通じて保存します。これには、OS管理がより簡単に行えるようになるという特徴があります。さらに「ブレードPC型」は、マシンルームやデータセンターへとブレードサーバのクライアント版を設置して、PCそれぞれにクライアントOSを動作させるものです。画面転送プロトコルを利用する事で、クライアント端末をそれぞれの紐付けされているプレードPCに接続する事が出来ます。ハードウェアがユーザーそれぞれに振り分けられ、通常のPCと同じようなリソースを利用できます。高いグラフィック性能を必要とするCADのような用途に適していると言えます。ほかにも、プレゼンテーション型、別名ではサーバーベースコンピューティング型と言われるものもあります。こちらはコストパフォーマンスに優れているタイプなど、それぞれで特徴が異なるのがシンクライアントです。

シンクライアントの歴史

シンクライアントは、近代的なパソコンとサーバーを使うために開発が進んだものであり、現在は一般的に利用されていますが、あまり我々になじみのない用語となっています。かつてはサーバーの処理やパソコンのとの連携をどのように円滑にするかがテーマであり、大手ソフトウェアメーカーによっても開発されていました。現在はシンクライアントの開発も幅広く行われるようになり、様々な種類が各メーカーによって提供されてます。現在、主に4種類の実行方法があります。もっとも一般的な方法はネットプレート側であり、ユーザーデータとOSとディスクレス端末と連結する方法です。この場合には十分なネットワークとサーバーの台数が必要です。

また、ブレード型PCは、ブレードPCとローカルPCを結びつける方法で対応することができます。このほか、プレゼンテーション型や仮想PCなどの方法があり、状況によって現在は使い分けています。これらの4つの方法は導入実績や集約率、対応OS、コストパフォーマンス、運用や管理の実績なども違い、状況によって使い分けられています。

現在は、上記のような方法の中から何がシンクライアントとして最適なのか、ということを考えて選択することが可能です。この事に関しては、現在でも互換性などの問題があるため、どのような方法がベストなのか、ということを具体的に確認したうえで、上手に使いこなせるようにされることをおすすめいたします。これをうまく活用する事により、ビジネスに取り入れ、効率的になりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

シンクライアントのメリット

一台のパソコンの中でデータを管理するには現状では、難しいところがあります。それを一括したサーバーで管理することによってデータを円滑に管理し、処理能力を高めようと、という視点でシンクライアントが開発されてきました。現在は大手ソフトウェアメーカーも参入している業界のひとつとなっており、システムも4つの方法があります。デスクトップを仮想化もそのひとつですが、実際にはさまざまな用途や状況によって使い分けることができるため、ユーザーは欲しい情報を円滑に使うことができる、パソコンにかかるデータ処理の負担を小さくすることができる、パソコン端末に入力しているデータが紛失するというリスクを最小にすることができる、などさまざまな用途を使い分けることができます。このあたりは、ご自身の用途や条件に合わせて上手に使うことによって有効活用することができますので、ぜひ検討をされてみると良いでしょう。また、今後企業の中で導入したいというときにはOSなどの互換性や予算の問題がありますので、専門の業者に確認をされたほうがいいでしょう。選択肢は幅広くありますので、どのようなことをメインとして活用されるのかということを、しっかり方向性を立てておくことによって、有効に活用することができます。シンクライアントに関しては、まだ日本では実際にその方法を使っている方でも詳しく使いこなしていないという場合もありますので、具体的にどのように使うのがよいのかということも含めて、システムをよく確認しておきます。

 

 

 

 

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。