仮想デスクトップの様々なメリット

Body: 

仮想デスクトップと物理デスクトップの四つの違い

仮想デスクトップを利用したいと考えている企業も多いのではないでしょうか。現在多くの企業では、物理デスクトップを未だに使用している企業が存在します。導入する場合はしっかりと物理デスクトップと仮想デスクトップの違いを把握しておく必要があります。物理デスクトップと仮想デスクトップは大まかに分けて四つの違いがあります。

  1. 一つ目は、オペレーティングシステムやアプリケーションの実行の違いです。物理デスクトップは、手元の端末でオペレーティングシステムやアプリケーションを実行することになります。仮想デスクトップの場合はハードディスクには記録されていません。オペレーティングシステムやアプリケーションはサーバーなどのデータセンターにあります。データセンターの中でこれらを実行することになります。
  2. 二つ目はデータの保存です。物理デスクトップのデータの保存は、手元の端末のハードディスクに記録されます。一方で仮想デスクトップの場合は一つ目のアプリケーション実行のようにサーバーなどのデータセンターで保存されることになるからです。
  3. 三つ目はバックアップについてです。バックアップについては物理デスクトップの場合はユーザーごとにおこなうことになります。一方、仮想デスクトップの場合、一括で管理することができるので利便性が高くなります。
  4. 四つ目はネットワークの接続環境についてです。ネットワークの接続環境に関しては前者と後者では大きく異なります。物理デスクトップの場合は基本的に現代においてはネットワーク環境の中で作業をすることになります。なぜならインターネットを閲覧することにより作業を効率的に進められる可能性があるからです。さらに、ローカル作業になるので、ネットワークがなければパソコンが機能しないということはありません。たとえば、ファイルの作成やデータの編集に関しては、そのデータがローカルの環境にあれば容易におこなうことができるのです。一方で仮想デスクトップの場合は、データはすべてサーバー上に保管されているので、データのアクセスや編集に関してはすべてネットワークを介しておこなわれることになります。また、オペレーティングシステムの実行やアプリケーションの実行に関してもネットワークを介しておこなわれるのでネットワークがなければいけないということになります。このように、仮想デスクトップにすることで物理デスクトップよりも多くのメリットを得られるのです。

仮想デスクトップを利用する二つのメリット

この機能を導入することによって二つのメリットが受けられます。そのような理由から、企業や個人などでも使用されているのです。

  1. まず、一つ目のメリットですが、セキュリティ面での向上が挙げられます。企業の中には、社外に持ち出しすことが禁止されているデータがパソコン内に入っている場合があります。持ち運ぶ場合、USB等を使用することによって安易に持ち出せるので、セキュリティ面で不安が残ります。しかし、仮想デスクトップを利用することによって、データの管理などはすべてサーバー側になるので、データの利用をサーバー上で制限することが可能になります。そのため、安易に持ち運べる環境を回避することが可能となります。
  2. 二つ目はデータの損失による損害を回避することができる点です。重要なデータを保存しているパソコンが故障した場合、データの復元をすることが必要になります。データの復元には業者に依頼しないといけないことが多く、その分費用がかかります。しかし、仮想デスクトップの場合はデータはすべてサーバー上に保存することになるので、パソコン内のデータが破損した場合でも復元することができるのです。

仮想デスクトップを導入するためには

導入するためには、専門業者に依頼して導入をすることが一般的でしょう。会社内ですべての過程をおこなうと手間がかかる場合があるので、業者に依頼すると効率的です。業者を選ぶポイントは二つあります。

  1. 一つ目は豊富な業績があるかどうかです。業績を見ることによって信頼が上がり、仮想デスクトップに関する知識も確認することができる場合があります。オフィシャルサイトには業績一覧を掲載している企業もありますので、容易に確認可能です。
  2. 二つ目はバーチャルでデモ体験ができるかどうかです。まずどのようなものなのかを知りたい場合に、このデモを体験することで分かってくる可能性もあるのです。方法はブラウザ上で簡単にできる場合があるので、一度アクセスしてから考えてもよいでしょう。

インターネットを利用すれば、さまざまな情報が仕入れることができます。その情報をもとに自分が求めているものを見つけ出せば、費用を抑えて日々の業務に就くことは不可能ではありません。日々の企業努力により、仮想デスクトップを導入することができるのです。

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。