シンクライアントによってクライアントの課題を一掃

Body: 

シンクライアントによってクライアントのハードウェアに関する課題を解消

シンクライアントを聞いたことがある方は多くいるのではないでしょうか。現代ではパソコンを使用して企業で業務をすることがとても多くなりました。顧客データを管理し、会計をする上でもパソコンの機能なしでは今では効率的に行うことができないようになっているのです。しかし、パソコンを使用した場合、いくつか課題も出てきます。そこでの課題を解決してくれるのがシンクライアントです。シンクライアントとはハードディスクを使用しなくても通常通りパソコンを使用することができる仕組みのことです。シンクライアントではアプリケーションやファイルデータなどはすべてサーバー上で管理されているので、ハードディスクを使用しなくても従来のようにパソコンを使用することが可能になります。データを一元管理することができるので、セキュリティの面においても安全を期待できる仕組みなのです。

企業の多くはシンクライアントを導入してさまざまな企業内の課題を解決しています。代表的な課題に関しては大まかに分けて二つあります。

  1. 一つ目はパソコンの故障によるデータの損失です。現在でも多くの企業の社員一人ひとりがパソコンを使用しています。社員の中にはとても重要なデータが入っているパソコンを使用している場合があります。もし重要なデータが入っているパソコンが故障をしてしまったら企業に与える損害はとても多くなります。このような課題に関しても解決することが可能になります。シンクライアントの場合はデータに関してはサーバーによって一元管理されているので、社員一人のパソコンが故障した場合でもデータはサーバー上にあるため企業側が損害を被ることは少なくなります。また、バックアップに関しても強くなっており、システムダウンにも強いのが特徴です。
     
  2. 二つ目はパソコンの性能のために部品を追加で購入が必要になることや、性能の良いパソコンを何台も購入しなければならないという課題です。パソコンを使用する多くの企業では基本的には業務を効率的に行うために性能の良いパソコンを導入している企業が多くなっています。また、企業によってはさらに性能を高めるためにCPUを高めたりしている企業もあります。性能の高いものや部品を購入する場合は当然ではありますが、費用が高くなってしまう場合があるのです。しかし、シンクライアントを導入することによってそれらの費用を削減できます。実行されるアプリケーションはすべてサーバー場で実行されるので、サーバーの増設だけで解決をすることができるのです。

シンクライアントによってクライアントのセキュリティに関する課題を解消

シンクライアントが解決することができるクライアントの課題はハードウェアだけでなくセキュリティに関しても解決をすることが可能になります。セキュリティに関しての大きな課題は二つあります。

  1. 一つ目はデータの持ち出しの危険性に関する課題です。社員のパソコンそれぞれにデータが保存されている場合は、USBなどを使い社員がデータを持ち出してしまう可能性が高くなります。現在ではUSB以外にも高機能なものが多くなるので、データの持ち出しは場合によっては簡単になってしまいます。しかし、サーバー上でデータを一括に管理することによって社員のパソコンの中にはデータがないので、そのような簡単に持ち出しすることは不可能になります。また、サーバー上で管理しているためデータの規制が容易になります。
     
  2. 二つ目はPCの持ち出しが禁止されている場合です。どうしても休日に仕事をしなければならない場合が発生します。しかし、シンクライアントの端末であればどこからでも通常業務で取り扱っているデータにアクセスすることができるので、休日でもデータを見直し出来るので、作業をすることが容易になります。

シンクライアントによってクライアントの管理者に関する課題を解消

ハードウェアやセキュリティだけでなく、管理者に対しての課題がある企業もあります。代表的な課題に関しては二つ挙げられます。

  1. 一つ目は、管理者が拠点ごとに分散されているので、管理が面倒に感じる場合です。管理が分散することによって手間がかかる場合があります。また、管理者が複数いることによって作業効率が低下する場合があるので、業績にも影響を及ぼしてしまう場合があります。このような場合でもシンクライアントによって解決することが可能になります。サーバー上で管理をすることができるので、拠点ごとの管理などが必要なくなり管理を一元化することが可能になります。
     
  2. 二つ目はパソコンの管理です。企業によってはパソコンの追加の度にユーザーを追加することになります。ユーザーを管理している方は、その都度追加が必要になることもあり、管理者が複数いる場合は複数台に追加が必要になる場合もありますが、シンクライアントの場合はサーバーにユーザーを追加するだけでいいので手間が少なくなります。

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。