バックアップとリカバリ ベストプラクティスガイド

データセンター管理者の役割は、仮想環境内に仮想デスクトップやMicrosoft Exchangeのデータベース可用性グループ(DAG)サーバーを展開するだけではありません。仮想インフラストラクチャを保護するためのバックアップおよびリカバリ ソリューションが実装されていない場合は、災害発生時にビジネス継続性も影響を受けることがあります。

本ガイドにて紹介するVMwareのVMバックアップは次のタイプに分類されます。

  • Tintriの持つ機能であるSnapVMとReplicateVMでのデータ保護
  • 一般的なサードパーティ製バックアップソフトウェアによるイメージレベル/ゲストレベルのバックアップ

VMwareのVADPはvSphere v4.0で導入されたフレームワークです。これにより、VMのオフホスト バックアップをバックアップ製品から実行できるようになりました。イメージレベル バックアップでは、バックアップ処理をvSphereホストの外部で実行するためにVADPを利用しています。


ホワイトペーパーのPDF版はこちら