ティントリ、業界で初めて『VMパフォーマンス保証』および『タイム トラベルVMリカバリー』に対応したスマートストレージ「Tintri VMstore」新オペレーティング システムを発表

~ VM単位でパフォーマンスの上限と下限を設定し、大規模な仮想環境を常に安定稼働、スナップショットのバージョン間を、タイム トラベルのように復旧 ~

仮想化ならびにクラウド環境のスマートストレージを提供するティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野 通明、略称:ティントリジャパン)は、「 Tintri VMstore 」に搭載するオペレーティング システムである「 Tintri OS 」の最新バージョンを発表しました。最新のオペレーティング システム「 Tintri OS 3.2 」によって、業界で初めてVM(仮想マシン)単位でストレージのパフォーマンスを確保ならびに保証する『 VMパフォーマンス保証 』と、以前のVMの状態にほぼ瞬時に復旧する『 タイム トラベルVMリカバリー 』に対応しました。

『 VMパフォーマンス保証 』

ティントリはVMごとのワークロードに合わせて自動的にストレージのリソースを割り当てる『 QoSの自動化 』機能を標準で提供していますが、最新バージョンである「 Tintri OS 3.2 」では、各VMのIOPS(*1) の下限値(MIN)と上限値(MAX)を個別に設定することが可能となりました。ティントリは業界で唯一、VM単位でパフォーマンスを見える化し、保証することができます。ティントリを導入することで、大規模な仮想環境を常に安定稼働させることができます。

『 VMパフォーマンス保証 』の特長は以下のとおりです。

  • 予想以上に負荷の高い VMに対してIOPSの上限値を設定
    • 上限値をドラッグして許容できるレベルに引き下げます。すぐにスロットル(過負荷制御)による遅延が発生しますが、他の VM は過負荷から保護され安定稼働を続けることができます。
  • パフォーマンス要求の高いミッション クリティカルな VMに対してIOPS性能を常に保証
    • 下限値をドラッグして引き上げることで、VM は常に要求に見合う IOPS をいつでもすぐに利用できるストレージ リソースが与えられます。IOPS性能保証がされたVMは、コンテンション(リソース競合)による遅延が発生しなくなり、安定したパフォーマンスが約束されます。
  • サービス レベルを分けて運用
    • クラウドにおいてサービス レベルのガイドラインを定義するような場合、ストレージ インフラとしてティントリをお使いいただくことで、サービス レベルをマウス操作だけで階層化し、それに応じたチャージバックを設定することができます。
  • 遅延が発生した際の原因を特定
    • ティントリの管理GUIは、シンプルな表示で遅延の発生原因を明らかにします。サーバー、ネットワーク、フラッシュ、ハードディスク、コンテンション(リソース競合)、スロットル(過負荷制御)に分けて遅延状況を見える化できるため、原因の特定がしやすく、迅速な対応が可能となります。

『 タイムトラベルVMリカバリー 』

任意の時間のVMの状態にほぼ瞬時に復旧する『 タイムトラベルVMリカバリー 』機能である「 Tintri OS 3.2 」のオプション ソフトウェア「 SyncVM 」を本日より販売開始します。仮想環境を新しい本番データで更新しようとする場合、従来の一般的な方法ではデータのコピー、スナップショット内でのターゲット VM の識別、新しいデータ セットを使用するための既存の VM の再構成などといった複数のステップに渡る作業が必要であり、アプリケーションを開発するような環境では、本番環境への移行に多大な手間と時間が掛かります。「 SyncVM 」では、VM の規模やサイズに関わらず数分で効率的に VM 単位のコピー データ管理を行うことが可能であり、アプリケーション開発およびテスト工程が大幅に短縮されます。

「 SyncVM 」は以下の2つの特徴を持っています。

  • VM単位、VM間の効率的なスナップショット コピー管理
    • 本番稼働しているVMのスナップショット コピーから、vDisk単位で任意のVMにデータを即座に更新することができます。ユーザー インターフェース上で数回クリックするだけで復旧または同期が完了するので、アプリケーション開発およびテスト工程を短縮が迅速になります。
  • タイム トラベルVMリカバリー
    • 以前取得したスナップショットのバージョン間を、タイム トラベルのように前後に移動して選択し、その状態にVMをリカバリーすることができます。リカバリー後も以前のスナップショットとパフォーマンス履歴は保持されるため、任意の時点に何度もリカバリーすることが可能です。

このたび発表した「 Tintri OS 3.2 」のその他の特長は以下のとおりです。

  • Hyper-V対応の拡張を行いました。VMコンシステント(*2) スナップショットの取得とクローニング(*3)をティントリの管理GUI上ならびにREST(*4) APIで行うことが可能となりました。
  • マルチ テナンシー(*5)に対応しました。クラウド環境などで複数の企業や部門が同一のTintri VMstoreにアクセスする際に、ルールを定義することでディレクトリ-ごとにアクセスを制御します。
  • 企業内でのDR(災害対策)やBCP(事業継続計画)に対応する1分間隔でのデータ リカバリー(1-minute RPO)をサポートしました。ティントリのデータ レプリケーション ソフトウェアである「 ReplicateVM 」にて、別筐体の「 Tintri VMstore 」にデータを1分間隔で複製することが可能となりました。ミッション クリティカルな業務を行うVMにおいて、できるだけ直前の状態に復旧することができます。

価格について

  • 「 Tintri OS 3.2 」ならびに『 VMパフォーマンス保証 』は、「 Tintri VMstore 」に標準搭載されており無償で提供されます。
  • 「 SyncVM 」のライセンスは参考価格1,380,000円から(Tintri VMstore T820向け1ノード当たり、税別)となります。

製品情報

Tintri VMstore T800製品情報:http://tintri.co.jp/tintri-vmstore
Tintri OS 3.2 製品情報 : http://tintri.co.jp/tintri-os-32
SyncVM製品情報:http://tintri.co.jp/syncvm
 


  1. IOPS:Input Output Per Secondの略。1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回数をあらわす。ストレージ性能の指針のひとつであり数値が高いほど処理能力が高いことになる。
  2. VMコンシステント:スナップショット作成前にVMを適切に停止させること。
  3. クローニング:データや設定情報を含め、全く同じ環境を複製すること。
  4. REST:Representational State Transferの略。HTTPを使って特定のURLにアクセスすることで、XMLベースで記述されたデータを得ることができるWebインターフェースの一種のこと。
  5. マルチテナンシー:クラウドコンピューティングなどで、任意の数のハードウェアを複数の顧客で共有する環境のこと。

ティントリジャパン合同会社について

ティントリジャパンは、米国ティントリ社の日本法人として、2012年に設立されました。米国ティントリ社は、仮想化環境を監視、把握、適応できるスマートストレージを提供するストレージ・ベンダー企業です。同社のスマートストレージを導入することで、IT部門のストレージ管理負担を劇的に軽減し、仮想化されたアプリケーションでのサービスに集中できるようになります。

アプリケーションに最適化されたティントリ スマートストレージは、仮想マシン単位での可視化、制御、洞察、即時適応を提供し、ストレージの複雑な設計やトラブルシューティングから解放されます。ティントリ スマートストレージは、ビジネスクリティカル データベース、エンタープライズ アプリケーション、デスクトップやモバイル アプリケーション、プライベート クラウドといった数百から数千台の仮想マシンを快適に稼働させることができます。

ティントリ製品は、AMD、F5ネットワークス、GE、NTT、ミラークアーズ、タイムワーナーなどのグローバル企業での仮想化やプライベートクラウド環境で利用されています。ティントリの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
http://www.tintri.co.jp

ティントリジャパンのFacebookは以下のURLをご参照ください。
http://www.facebook.com/TintriJapan


【本件に関するお問い合わせ先】

  企業名:ティントリジャパン合同会社
  担当者名:マーケティング本部・ 羽鳥(はとり)正明
  TEL:03-6213-5403
  Email:info.japan@tintri.com