Tintri <br>クラウドコネクター

現在、多くの企業がマルチクラウド戦略を採用しはじめています。Tintri クラウド コネクターは、ティントリのエンタープライズ クラウドと、Amazon Web Servicesなどのパブリック クラウドやパブリック クラウド API を使用するプライベート クラウドを緊密に統合するソリューションです。これを利用することで、企業のお客様は、オンプレミスのエンタープライズ インフラストラクチャーとクラウド リソースの両方の構成ブロックを組み合わせて、ハイブリッド クラウド サービスを構築することができます。

Tintri クラウド コネクターを使用することで、たとえば、その企業が採用しているデータ保護・障害復旧戦略に安全なクラウド接続を追加して、データを長期的に保持できるようになります。ローカル スナップショットをクラウドに送信して、ほんの数分でティントリのストレージ システムに復元できるため、ミッションクリティカルなオンプレミス アプリケーションを簡単に保護、アーカイブ、復元できます。Tintri クラウド コネクターでは、ティントリの CONNECT アーキテクチャを使用して VMレベルやコンテナ レベルでストレージを抽象化することにより、復旧時間を最小限に抑え、柔軟性を最大限に高められます。

ティントリのソリューションを利用することで、企業のデータ保護・障害復旧戦略を柔軟に実施して、変化の激しいビジネス要件にうまく対応できるようになります。
Tintri Global Center からスケジュール、保持期間、保護対象などを自由に設定して、アプリケーション保護ポリシーを簡単に構成できるほか、さまざまなクラウド ベンダーとネイティブに統合できるため、従来のバックアップ アーキテクチャに代わる新たなソリューションとしてご検討いただけます。

スペース効率に優れた復旧

ティントリのスナップショットでは、インラインの圧縮と重複排除を行うことで優れたスペース効率が実現され、変更されたデータのみが WAN 経由で送信されます。データ サービスやポリシー管理の実行は適切なレベルで抽象化されるため、効率性、コスト、復旧スピードが最適化されます。

Tintriクラウド コネクターは、GET や PUT などの HTTP 要求を最小限に抑えるように設計されており、パブリック クラウドへのアクセス料金を削減できます。復元するデータが大量にある場合やサービス停止から復旧する場合は、料金が高額になる可能性がありますが、クラウドからローカルのティントリ ストレージにすばやく復旧し (図 3 参照)、ファイル レベルのリストア(FLR) を実行して必要なデータだけを復元できるため、そうした不要なコストの発生を抑えることができます。

セキュリティとパフォーマンス

ティントリでは、クラウド バックアップ対象のデータは保存中に暗号化され、クラウドへの転送時には SSL 暗号化によってセキュリティが確保されます。このとき、アプリケーションのパフォーマンスに何ら影響が及ぶことはありません。また、すべてのレプリケーション先の構成やキーの管理は、Tintri Global Center でまとめて行うことができます。

Tintri クラウド コネクターを使用すれば、企業のオンプレミス インフラストラクチャーと AWS パブリック クラウド リソースを簡単に統合し、ハイブリッド クラウドサービスを構築できます。この統合は、VM レベルまたはコンテナ レベルで簡単かつ効率的に行うことができます。AWS を使用して、ミッションクリティカルなオンプレミス アプリケーションのデータ保護、アーカイブ、障害復旧を行うことにより、アプリケーションをワンクリックでティントリのエンタープライズ クラウドに復元できます。

ティントリにご興味のある方はフォームでのご連絡をお待ちしております。