オールフラッシュはワークスタイル変革(働き方改革)に向けての 仮想デスクトップのパフォーマンス課題を全て解決できるのか?

羽鳥 正明

ティントリジャパン合同会社 マーケティング本部 マーケティング本部長

お伝えしたいこと

  • 各仮想デスクトップを分離することで、ブートストームやスキャン中のリソースに対する競合を防ぐことができます
  • VDIのパフォーマンスを保証するためには、個別にサービス品質(QoS)を設定できることが重要です
  • 仮想デスクトップを他のワークロードと並行して実行する場合の配慮が必要です

今現在どのような業種の企業であっても、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)への移行を進めています。物理デスクトップシステムを置き換え、より高いモビリティ、柔軟性、およびセキュリティを実現しようとしています。米国では既に3/4の企業がVDIを既に導入しているそうです。なぜここまで浸透してきたのでしょうか?企業内個人はオフィスから現場に移動する事が多く、どこでもオフィスと同じ環境を欲しがっています。また、組織はBYODのポリシーを持ち込まざるを得ない雰囲気を感じています。そして、PC以外にもタブレットやスマホなどの多様なデバイスからアクセスして、かつ同じ環境を表示できることが望ましいのです。

オールフラッシュストレージは、仮想デスクトップインフラストラクチャのワークロードをサポートするためによく使用されます。しかし、単にオールフラッシュストレージを導入しただけでは従業員のデバイスのパフォーマンスを保証するには不十分なのです。

このブログ記事では、パフォーマンスとパフォーマンスの分離の重要性についてご説明します。常に安定した性能を発揮できることはもとより、データ保護と可用性、またデータ効率など様々な特長があります。これらの基準に焦点を当てることで、仮想デスクトップインフラストラクチャの成功への道が切り開かれることでしょう。

仮想デスクトップインフラストラクチャのパフォーマンス上の課題

仮想デスクトップに移行するすべてのユーザーは、物理的なハードウェアに基づいてパフォーマンスを予測しているため、仮想デスクトップインフラストラクチャが成功するためには、高速なログイン時間と優れたユーザーエクスペリエンスが不可欠です。

その利点にもかかわらず、仮想デスクトップインフラストラクチャの独自のIO特性は、多くのストレージシステム(すべてのフラッシュストレージシステムを含む)で処理するのが難しい場合があります。これらのIOパターンに対応するためには、全ての仮想デスクトップを合わせたピーク時の性能にストレージのパフォーマンスを合わせなければならず、ストレージを過度にプロビジョニングしてしまい、結果的にはストレージコストが上昇します。これは、ストレージにかかる費用が仮想デスクトップインフラストラクチャにとって最大のネックになっていることが多い理由の1つです。

仮想デスクトップインフラストラクチャの独自のIO要件は、すべてのストレージシステムで簡単に対処できません。課題は次のとおりです。

重い作業負荷

仮想デスクトップインフラストラクチャのワークロードは、頻繁に書き込みが重く、最大80%です。予想される作業負荷を可能な限り正確に評価し、そのIOパターンに対応するストレージを選択することが重要です。

IOブレンダー効果

100〜1000台の仮想デスクトップインフラストラクチャシートを混在させると、一部のストレージシステムでは処理が困難な「IOブレンダー」効果が生じる可能性があります。騒々しい隣人は、他の仮想デスクトップのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

ブート、ログイン、ウイルス対策の嵐

仮想デスクトップインフラストラクチャ環境のさまざまなイベントにより、読み取りIOがスパイクや仮想デスクトップのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。多数のVMの起動、ユーザーのログイン、またはウイルス対策スキャンを同時に開始すると、パフォーマンスが低下する可能性があります。

展開を計画するには、いくつかの作業が必要です。

  • 予想される作業負荷を可能な限り正確に理解するために、ユーザーの数やタイプ、IOPS /ユーザー、GB /ユーザー、IOサイズなどの環境評価します
  • 仮想化インフラストラクチャのワークロードが既存のサーバーのワークロードに追加されている場合は、サーバー仮想化に使用しているストレージが仮想デスクトップインフラストラクチャのために「うまくいく」と仮定しないでください
  • 評価されたパフォーマンスのニーズを超えることができ、将来の成長に対応できるように拡張できるストレージ選択します。ほとんどの展開は小規模に開始され、時間の経過とともに座席が追加されます。規模の拡大に時間がかかるときに厄介な驚きを避けたい。

仮想デスクトップインフラストラクチャを展開している多くのサイトでは、一貫したパフォーマンスを提供し、ユーザーの満足を維持するために、サービス品質(QoS)とパフォーマンスの分離が重要であることがわかりました。これは、Tintriオールフラッシュストレージが優れているエリアです。

ティントリの自動QoSによるデスクトップパフォーマンスの保証

自動QoSを備えたTintriオールフラッシュストレージは、手動調整や一定の管理なしで、仮想デスクトップのような要求の厳しいワークロードが必要とするサービス品質を自動的に提供します。VMレベルでパフォーマンスを分離することにより、自動QoSは「ノイズの多いネイバー」が他のワークロードを妨害するのを防ぎます。

パフォーマンスの問題を引き起こすことなく、仮想デスクトップのワークロードと他のアプリケーションのワークロードを混在させることもできます。他の多くのフラッシュストレージベンダーは、仮想デスクトップの使用に専用のストレージを強く推奨しています。

Tintriは適切な作業を行い、管理を大幅に簡素化または無くし、必要なときにきめ細かな制御を提供するように設計されています。これは次のようにして実現します。

  • VMごとのパフォーマンスの分離。Tintri QoSスケジューラはすべての仮想マシンのIOキューを維持し、すべての仮想デスクトップが手動の介入なしに必要なパフォーマンスを受け取るようにします。仮想デスクトップインフラストラクチャを使い、サーバーワークロードを追加したり、サーバー仮想化を開始したり、仮想デスクトップインフラストラクチャとクラウドを追加したりする場合でも、VM分離とはすべてのワークロードのパフォーマンスを意味します。
  • VM単位のパフォーマンス保護。QoSを調整する必要がある場合は、個々のVMまたはVMのセットに対して、必要に応じて個々のVMの最小および最大のパフォーマンスを設定することができます。たとえば、仮想デスクトップの「パワーユーザー」では、関連するVMに最低限のパフォーマンス保証を与えることができます。または、最大のしきい値を設定して、これらのユーザーが多すぎるリソースを消費しないようにすることもできます。もちろん両方を行うことができます。

仮想デスクトップパフォーマンスのためのオールフラッシュストレージ

オールフラッシュストレージは、ITインフラストラクチャがどのように設計され、管理されているかを再構築しています。パフォーマンス、コスト削減、運用上のメリットにより、厳しい仮想デスクトップ環境に最適な選択肢となります。しかし、最終的にVDIの成功はハードウェアによって達成されるのではなく、VDIの要件に合わせて設計されたアーキテクチャのソリューションを見つけることです。上記で説明したように、仮想マシンレベルでのストレージの動作は、リソースとの競合を防ぎ、VMごとのQoSを使用してパフォーマンスを保証することが不可欠です。

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。