ティントリの分析/予測クラウドサービス

予測分析サービスを提供しているストレージ プロバイダーは数多くありますが、それらのサービスから提供されるデータは、アプリケーション上の意思決定を行ううえで役に立つとは言い難いものがあります。その原因は、LUNとボリュームです。

LUNとボリュームは多くのVMのストレージに使用されており、従来のストレージで確認できるのは、LUNやボリュームのパフォーマンスの平均値のみです。しかし、この平均値をデータとして使用することには大きな問題があります。なぜなら、たとえばビル・ゲイツがマクドナルドを訪れたとしたら、その店舗に訪れる顧客の純資産を平均すると数十億ドルということになってしまいます。つまり、LUNのパフォーマンスでも平均値を使用したとしたら、これと同じ問題が起きることになります。これではVM一つひとつのデータを十分に把握することはできません。一方、ティントリのVMに最適化されたストレージでは、VM一つひとつに関する詳細なデータが保持され、意思決定に適切な情報が提供されます。

また、ティントリの新しい予測/分析サービスを使用すれば、アプリケーションのクラスのプロファイルを作成して、すべてのSQLサーバーをグループ化することなどが可能です。容量とパフォーマンスの使用状況の平均値を確認して、個々のSQLサーバーの詳細を確認することで、平均から大きく外れている注意が必要なVMを特定することができます。フットプリントに20台のSQLサーバーを追加する必要がある場合は、現在のプロファイル情報を使用して、フットプリントに対する影響をモデル化することができます。

さらに、VMレベルの完全な見える化により、ストレージの容量とパフォーマンスのニーズを正確に予測することが可能なため、最大3年分の履歴データを分析したり、最近のパターンをより詳しく把握したりすることができます。作業は簡単で、最新のApache SparkとElasticsearchの技術を駆使して、50万台のVMのデータを1秒足らずで分析できます。

詳細については、ティントリ アナリティクスのページをご覧ください。

今回は、ティントリ史上最大規模の製品リリースとなります。これらの技術革新はVMに最適化されたストレージ基盤があってこそ実現するものであり、このようなシンプルなスケールアウトを可能にするのはティントリだけです。もちろん、シンプルな見た目の裏にはさまざまな努力がありました。リリース1週目に行われるWebセミナーでは、VMスケールアウトとティントリ アナリティクスについてさらに詳しい情報をお伝えしますので、ぜひご参加ください。私の同僚がさまざまな情報をご紹介する予定です。

また、デモのリクエストも受け付けていますのでこちらからご予約ください。ティントリは、皆様がストレージを新たな視点から見直すことができるよう支援させていただきます。

 


 

ティントリのWebサイトには、製品ブログの他にも
「仮想化」「クラウド」「フラッシュ」「ストレージ」などの
テーマに関連した読み物を掲載しております。

ティントリ製品に関する補足説明や
解説などを掲載しております

ティントリに関係なく、第三者の視点に
よる仮想化とストレージに関する
コラムを掲載しております

仮想化の気になる
キーワードを解説しております

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。