ホワイトペーパー

ティントリがよくわかる資料

App-awareフラッシュストレージで仮想化を推進

仮想化とフラッシュの双方の目的に構築されたシステムはこうした問題を克服することができます。データセ ンターが30%程度の仮想化から50%を超える仮想化に移行しているため、こうした環境に特に設計されたストレージの導入は極めて大きな価値をもたらします。本ホワイトペーパでは、仮想化環境に特化し、フラッシュを利用したストレージシステムの設計上の課題を解き明かし、Tintri社のアプローチを説明します。

ティントリによるインフラストラクチャーの明瞭な見える化の実現

個別の仮想マシンのパフォーマンスへのエンドツーエンドのビューを持つことは、仮想化されたIT環境において大いに役立ちます。このホワイトペーパーではTintri VMstoreとTintri Global Centerが提供する「明瞭な見える化」機能で、IT部門が直面している複雑な性能問題の切り分けや、トラブルシューティングにおける問題点を、いかに迅速かつ簡単に解決できるかを説明します。

Tintriによる仮想化の管理

本書は、仮想化環境、および仮想マシン(VM)に適用される、ストレージ、スナップショット、クローニングおよびレプリケーションの理解促進を目的としています。読者は仮想化、ネットワークおよびストレージの基礎と概要を理解することができます。高度な知識を有する技術系読者は、Tintri VMstoreのスナップショット、クローニングおよびレプリケーションの実行および一般的な仮想アプリケーションに対する適用性やその利用用途を学ぶことができます。

Tintri VMstore ストラテジック ホワイトペーパー

Tintriスマートストレージは、仮想化とクラウドのために構築されています。IT管理者はティントリを活用することで、これまでのストレージ管理を排除し、データセンターを根本的に効率化します。

このホワイトペーパーをダウンロードすることで、ティントリが如何に比類のないパフォーマンスと効率を実現し、インフラ全体を隅々まで見渡すことのできる管理画面を提供し、管理工数を飛躍的に削減するかを確認することができます。

  • 仮想化環境における従来型ストレージの課題を確認
  • ストレージのミスマッチを解消する秘策
  • 仮想化の環境を予測可能に
  • IT生産性の向上とTCO/ROIの大幅な改善

ティントリ 第一章の集大成 ~ Tintri OS Bible ~

Tintri OS Bibleは、3.2で完成形を遂げたティントリのOSの中身がぎっしり詰まった小冊子です。

16ページに渡り、単なるストレージOSを超えた、ティントリにしかできない「VM最適化」を実現した技術がここに詰まっています。

VMに最適化されたTintriのQoS(サービス品質)と性能保証

このドキュメントでは、ティントリの VM 単位のサービス品質 (QoS) 機能で、SLAにて定められたパフォーマンスを提供し、仮想データセンターのインフラで大きな課題になっている「うるさい隣人(ノイジー ネイバーズ)」問題を解決する方法を解説します。

本ドキュメントは、サービスレベル、パフォーマンス要件、あるいは予算に応じたさまざまなレベルのサービスをティントリによるVM 単位の QoS機能を用いてデータセンター管理者やサービス プロバイダーの方々がどのように設定・管理できるのかについてご理解頂けることを目的としています。仮想データセンター内のTintri VMstore で、複数のハイパーバイザーを稼働させながらQoS ポリシーを適用し、さまざまなサービスレベル要件を持つユーザーのワークロードを、手間をかけずに管理する方法を提示します。さらに、読者はTGC(Tintri Global Center)が複数の Tintri VMstore を1つの管理画面で操作する仕組みを理解できます。

Tintri VMstore をHyper-V で使用する際のベストプラクティス ガイド

本書では、Hyper-V 仮想環境とプライベート クラウド環境内のスタンドアロン Hyper-V ホストと Hyper-V クラスターの両方に Tintri VMstore システムを導入するためのベストプラクティス ガイドラインを説明します。さらに、本文書では、容量効率とパフォーマンス効率が高い VM 単位のクローンを利用して仮想マシンを導入する方法、容量効率の高いスナップショットと VM 単位のレプリケーションを利用して仮想マシンを保護する方法、ティントリの SnapVMTM、CloneVMTM、ReplicateVMTM を利用して Hyper-V 仮想化データセンター内の個別の仮想マシンを復元する方法など、Tintri VMstore システムの VM 単位のデータ管理サービスの使用例を示します。System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) が使用されている Hyper-V 環境に Tintri VMstore を導入する役割を担う管理者は、VM 単位でリソースの監視と管理を行うティントリの VM 単位管理機能をこの本書で習得し、活用できるようになります。

ティントリユーザーレポート

このユーザーレポート(お客様の声)では、ラボで確認した検証結果と、本番環境でティントリのストレージを運用している 顧客 6 社にインタビューを行い、得られたフィードバックをあわせてレポートしています。各顧客にそれぞれ特有の事情がある中で、どの顧客からも TCO の算定基礎となる要因に基づいた説得力のある貴重な意見を聞くことができました。また調査を通じて、ティントリのアプローチが従来のストレージ ソリューションと比較して、 TCO を格段に抑えていることが明らかになりました。

 

VDI技術資料

1,000 ユーザー規模のVDIをVMware Horizon (with View)、Tintri VMstore および Cisco UCS で構築するリファレンス アーキテクチャー

このリファレンス アーキテクチャーは、実使用テスト シナリオ、ユーザー ワークロードおよびインフラストラクチャー システム構成に基づいて作成されています。このリファレンス アーキテクチャーでは、(最新の Tintri OS 3.0 が動作する) Tintri VMstore  VMware® ESXi™ 5.5 の組み合わせと Horizon 6 (with View) ソフトウェアのテクノロジーを利用して、1,000 ユーザー対応ホスト型仮想デスクトップの導入に適した、効率が高く、堅牢で、拡張性の大きい仮想デスクトップ インフラストラクチャー (VDI) を作成します。

VMware Horizon View および Tintri VMstore にて VDI を導入するベスト プラクティス

このティントリ ベスト プラクティス ガイドは Tintri VMstore 上で使用される VMware Horizon View に関するもので、VMware Horizon View を使用するホスト型仮想デスクトップ (HVD) VDI インフラストラクチャーの設計・導入責任者である IT 管理者を対象にしています。このガイドは VMware Horizon View の資料を補足するものです。

IOmark-VDI / Tintri VMstore T5060ストレージ システム

このドキュメントは、Tintri VMstore T5060オールフラッシュ ストレージ システムのテスト対象の構成に対して実行したIOmark-VDIベンチマークの公式ベンチマーク レポートです。 

IOmarkは、実際に使用されている数種類のアプリケーション中心ワークロードを活用してストレージ システムのパフォーマンス テストを行うストレージ専用のワークロード及びベンチマークです。IOmark-VDIベンチマークは、ストレージ システムに対して仮想デスクトップ ワークロード(VDI)を実行した結果を測定するワークロードであり、その結果はIOmarkの認定監査機関によって監査、認定承認され、公開されます。  

Tintri VMstore を仮想デスクトップの サービス基盤に利用するための ベストプラクティスガイド

エヌ・ティ・ティ ネオメイトは、仮想デスクトップサービス(DaaS)のサービス基盤としてTintri VMstore を導入しています。新しいディスクI/O 性能予約サービスを実現するクラウドサービス基盤を構築し、2015 年よりサービスを提供開始しました。

このホワイトペーパーでは、当クラウドでの基盤の事例をサービス企業様から解説していただき、ティントリ仮想化専⽤ストレージにしかできないQoS の自動化やパフォーマンス保証などの機能がパブリック クラウドでどのように効果を発揮しているかを具体的に紹介します。

 

フラッシュストレージの一般的な技術資料

5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座

この本はマイナビ企業ITサイトに2016年5月から2017年3月に渡り連載された記事を全58ページに纏めたものです。企業が求めるフラッシュストレージについて、1章あたり5分程度で読めるように、できるだけわかりやすく、かつフラッシュストレージに関する話題を全て網羅した小冊子になっています。これを読めばフラッシュストレージの一通りの知識を得ることができます。また今後の動向も知ることができます。

仮想化虎の巻~ハイブリッドストレージ編~

  • ストレージをチューニングすることなく、常に安定したパフォーマンスを出すには?
  • 仮想マシンの稼働状況を的確に把握するには?
  • ストレージの知識がなくても簡単に導入・運用するには?
  • コストを掛けずに最高のパフォーマンスで仮想化環境を運用するには?

汎用ストレージと比較してわかりやすく伝授します。

仮想化虎の巻~オールフラッシュストレージ編~

  • オールフラッシュは仮想化に適しているか?
  • AFA+VVOLで出来ることと出来ないことは?
  • 仮想マシン単位でパフォーマンスの保証をするには?
  • ストレージ以外でボトルネックが発生した際の見極め方は?

従来型ストレージと比較してわかりやすく伝授します。

フラッシュストレージの最新製品・技術

米国ティントリ社(以下ティントリ)は今までSSDとHDDを搭載したハイブリッド型のフラッシュストレージをリリースしてきた。私は普段そのプリセール活動に従事しているが、製品紹介の前にその印象を伺うと、  「性能は言うほど良くないのでは?」  「普通のハイブリッドと何が違うの?」  「フラッシュがHDD並の価格になるまでのつなぎの技術でしょ?」 といったお声をいただくことがあった。今回は、Tintri VMstoreの内部動作を中心に説明し、HDDベースの従来型ストレージやフルフラッシュストレージとのアーキテクチャ上の比較を行い、上記のような疑問に答えられる内容としたい。

データ保護技術資料

Tintri VMstoreでSymantec NetBackupを使用する際のベストプラクティス

このベスト プラクティス ガイドでは、Tintri VMstore 上の VM の保護に Symantec NetBackup を使用する方法について、以下の項目に焦点を当てて説明します。

  • Tintri VMstore と Symantec NetBackup のコンポーネントを使用した VMware 環境のアーキテクチャー概要
  • Tintri VMstore 上の VM の保護を目的とした Symantec NetBackup の構成設定
  • Tintri VMstore 上の VM および Microsoft Exchange 2013 DAG などの特定アプリケーション用 VM の保護
  • NetBackup Accelerator for VMware の使い方
  • ティントリの SnapVM、CloneVM、ReplicateVM を使用した仮想 NBU マスター サーバーおよび仮想 NBU メディア サーバーの保護

バックアップとリカバリ ベストプラクティスガイド

データセンター管理者の役割は、仮想環境内に仮想デスクトップやMicrosoft Exchangeのデータベース可用性グループ(DAG)サーバーを展開するだけではありません。仮想インフラストラクチャを保護するためのバックアップおよびリカバリ ソリューションが実装されていない場合は、災害発生時にビジネス継続性も影響を受けることがあります。

本ガイドにて紹介するVMwareのVMバックアップは次のタイプに分類されます。

  • Tintriの持つ機能であるSnapVMとReplicateVMでのデータ保護
  • 一般的なサードパーティ製バックアップソフトウェアによるイメージレベル/ゲストレベルのバックアップ

VMwareのVADPはvSphere v4.0で導入されたフレームワークです。これにより、VMのオフホスト バックアップをバックアップ製品から実行できるようになりました。イメージレベル バックアップでは、バックアップ処理をvSphereホストの外部で実行するためにVADPを利用しています。

Tintri VMstore をUPS にて安全にシャットダウンするベストプラクティス ガイド

Tintri VMstoreとUPSソリューションズ社製UPS:UPSS-SPシリーズとのUPS・シャットダウン検証を実施し、安全にシャットダウンすることを確認しました。
その検証内容と結果をまとめたベスト・プラクティスガイドです。

物理Windowsマシンを使用したシャットダウン構成、ならびに仮想ハイパーバイザー上の仮想Windowsマシンを介したシャットダウンを検証し、安全にTintri VMstoreをシャットダウンできること確認しています。

 

データベース / アプリケーション技術資料

ファイルサーバーを仮想化する際の ベスト プラクティス ガイド

本書では、Tintri VMstore でWindowsファイルサーバーを仮想化してCIFS(SMB)ファイル共有ソリューションをホストする場合のベスト プラクティスについて説明します。マイクロソフトの CIFS(SMB) ファイル共有ソリューションのアーキテクチャーを構成する方法は数多くありますが、ここでは Tintri VMstore に適用されるベスト プラクティスのみに範囲を限定して、一部のシナリオを検討します。

Microsoft Exchange Server 2013向け TIntriに展開するためのベストプラクティスガイド

本書は、Microsoft Exchange Server 2013 (VMware vSphere で仮想化) を Tintri VMstore システムに展開するためのベスト プラクティス ガイドです。対象読者は、VMware vSphere と Tintri VMstore ストレージ アプライアンスを利用した仮想インフラストラクチャで Microsoft Exchange Server の展開や管理を担当する IT 管理者やアーキテクトを想定しています。本書では特に Exchange Server 2013 と vSphere 5.5 について取り上げるため、全てのテスト、手順、スクリーンショットはこれらのバージョンを使用したものになります。

ティントリ製品で運用する SQL AlwaysOn 可用性グループ

このガイドでは、仮想インフラストラクチャー レイヤーのみでは不可能だった高可用性を実現するために、仮想化された環境内で SQL Server AAG を設定し、データベースを構成する手順を説明します。参考情報として各セクションにさまざまな追加情報へのリンクが記載されています。 (全76ページ)

Tintri VMstore でOracle を使用する際のベストプラクティスガイド

監視、把握、適応の能力が優れているティントリ スマート ストレージを利用すれば、仮想化管理者や DBA はストレージ インフラストラクチャーの管理業務から解放され、データベースの運用に集中できます。ティントリのアプリケーション対応ストレージは、VM 単位の可視化、管理、パフォーマンスの状況分析、フラッシュによる安定した高レベルのパフォーマンスを実現することで、不確かな予測や複雑なトラブルシューティングを過去のものにします。現在、Tintri VMstore は、ビジネスクリティカルなデータベース、エンタープライズ アプリケーション、デスクトップ アプリケーション、モバイル アプリケーション、プライベート クラウドを実行する数十万もの仮想マシンの中核を担っています。

Database-as-a-Service (DBaaS) VMwareとティントリを利用した リファレンス アーキテクチャー

※ このホワイトペーパーは米国VMware社と米国Tintri社の共同で作成しました。

Database-as-a-Service (DBaaS) は、セルフサービス ポータルを介してデータベースおよびデータベース アプリケーションを提供するクラウド コンピューティングの1例です。ここで強調しておく必要があるのは、本ペーパーで取り上げる DBaaSでは、すべてのデータベースに個別のデータベース サーバーをプロビジョニングしており、1つのデータベース内に複数のインスタンスを持たせていないことです。複数のリレーショナル データベース サーバーのコピーをテストや開発のために提供することは、従来は複数のチームとカスタム スクリプトの作成の組み合わせを要する複雑な作業でした。しかし、Oracle データベースや SQL Server データベースのインスタンスを迅速にプロビジョニングする能力があれば、新しいアプリケーションの作成、テスト、配布、導入に要する時間を短縮することができます。

 

VVOL関連資料

VVol に関わる「5W1H」

VVolについて難しい資料ばかりが出回っていて、もっとわかりやすい情報がほしいと思ってはいませんか? VVolに関しても基本が大切です。5W1H 形式でVVolの基礎を学びましょう。

VVol に関する7つの都市伝説

VVolについて皆が同じ話をしているとは限りません。その結果、不思議な噂が広まってしまったようです。この資料では、VVolに関する7つの奇妙な都市伝説と、それに対する真実をご紹介します。

徹底分析「VVol」と「仮想マシンを理解しているストレージ」

VVolを装備した従来のストレージの場合と、ティントリの仮想マシンを理解しているストレージを使用した場合 を、表を使ってチェックし詳細しく比較してみましょう。

 

全てのホワイトペーパー

全てのホワイトペーパーは こちら のページをご参照ください。

全てのホワイトペーパーを表示