Tintri Global Center

標準装備

Tintri Global Centerスタンダード

Tintri Global Center は、複数の Tintri VMstore システムを一体化してシームレスに機能させることができるイ ンテリジェントな管理センターです。 ストレージおよび仮想化管理者は、Tintri Global Center によって仮想インフラストラクチャー全体の管理および監 視を実行できます。Tintri Global Center は、Tintri VMstore を最大で32台サポートします。 

大規模なVM ポリシー管理

Tintri Global Center (TGC)では、大規模な VM ポリシー管理が簡単にできる一方で、仮想化環境がどれ ほど拡大しても詳細な管理が可能です。 Tintri Global Center のサービス グループは、スナップショットやレプリケーション スケジュールなどの共通 したポリシー管理要件ごとに VM をグループ化して管理する動的な方法です。VM 名の形式など複数の方法で グループの条件を定義し、VMstore、ハイパーバイザー、ロケーションにまたがり VM をグループ化できます。

サービス グループ 単位でポリシーを適用するこの機能では、グループに新しく追加される VM が確実に定義済 みのポリシーに従うようになり、管理がさらに簡素化されます (必要に応じて設定可能)。サービス グループ 単位 で行った変更はグループ内のすべての VM に適用されるため、ポリシーの管理および実施がスムーズです。サー ビス グループに含まれた VM に対し、個別の VM 単位で異なるポリシーを適用することもできます。Tintri Global Center のポリシーは VMware vMotion にも対応するため、別の VMstore に移行された場合でも VM はポリシーを保持できます。 Tintri Global Center は、最大規模で 32 台の VMstore と10万台以上の VM を管理できるため、拡大する 仮想化環境において不可欠なツールです。

VMstore および個別の VM の監視

Tintri Global Center は、1 つの場所から、最大32台の VMstore すべてについてスペース使用率、パフォー マンス メトリクス、VM アクティビティなど多くの要素を監視します。 全 VMstore を対象として環境全体が集約的に表示されるため、IT チームは任意の時点における利用可能容量 やパフォーマンスを把握できます。Tintri Global Center は、VM ストレージおよび関連する VM のパフォー マンス履歴を最大で30日間保持し、パフォーマンスをはじめとする詳細情報の可視表示を明確かつ直感的な形 式で提供します。

データ保護と災害対策の監視

ReplicateVM™ と Tintri Global Center を組み合わせると、VM 単位および VMstore 単位のレプリケーションの監視とトポロジーの表示を行って、 データ保護や災害対策サービス レベルのコンプライアンスについてレポートを作成することができます。

マルチテナント機能

Tintri Global Center の役割ベースのアクセス制御によって、複数のユーザーの役割とアクセス制御を使 用した大 規 模 導入が 可能になります。 Microsoft Active Directory (AD) と統合したことで、Tintri Global Center の役割を AD グループにリンクできるようになり柔軟性が向上しまし た。これにより組織は既存の認証方法とユーザー管理インフラストラクチャーを活用できます。

REST API と PowerShell ツールキットで既存のスクリプトに統合

Tintri Global Center の機能はすべて REST API を通じて使用することができ、また一般的に使用される機能は PowerShell からでも利用可能です。 API または PowerShell の呼び出しは、TGC (総合的情報の場合) に転送されるか、あるいは直接 VMstore に送信されます。PowerShell のコマンド レットは、VMware PowerCLI およびサード パーティの自動化ツールと組み合わせることができます。

Tintri Global Center は、IT 管理者が1つの直感的なプラットフォームから複数の VMstore システムを拡張して管理することを可能にし、スマート ス トレージの目標を拡大します。エンドツーエンドの分析表示と詳細管理の両方が直感的なインターフェース上にまとめられた Tintri Global Center は、 ストレージ、VM、運用およびクラウド関連チームのあらゆるユーザーにとって理想的な管理センターです。 Tintri VMstore と Tintri Global Center を組み合わせると、IT 管理者は従来のスケールアウト型ストレージ クラスターで発生した問題に直面するこ となく、仮想化およびクラウド環境を拡張できます。その結果、仮想化環境に用いるストレージを設定し監視するのに必要な時間を大幅に節約できるため、 IT コストが極めて低く抑えられ、仮想化インフラストラクチャー全体のパフォーマンスと予測可能性の双方が向上します。

ティントリによる VDI 基盤の構築

ストレージの複雑性を解消し、常に安定したパフォーマンスを提供

数百台から数万台のVMパフォーマンスを満たし、費用対効果の高くシンプルな管理が行えるストレージプラットフォームを提供します。Tintriファイルシステムは、手動での設定や、VMの配置を行うことなく、フラッシュから各VMへ優れたパフォーマンスをもたらします。

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

VMスケールアウト (TGCアドバンスド)

スケールアップ/スケールアウトを行う従来のストレージはハードウェアの制限が多く、スケールするにつれ設置面積が大きくなってしまいます。ハードウェア障害ポイントも増え、そのような大規模ストレージをメンテナンスするには専任のストレージ管理者やシステム インテグレーターが複数名で運用する必要があります。
そのようなスケールアウト ストレージのことはもう忘れてください。ハードウェアの制限なく、大規模になっても設置面積を取らず、VMの稼働状況を分析しストレージ プール内の最適なノードを判断して、VM単位で自動的に分散配置できるのはティントリだけです。スケールアウトしてもティントリのシンプルさは変わらないため、管理者は1名のままで十分です。1台からスタートし、最大で32台、10PBという巨大なストレージ プールに16万台のVMを稼働させることができます。

今までにない、全く新しい仮想化時代のスケールアウト アーキテクチャー

従来のストレージ スケールアウトは、現代の仮想化されたアプリケーションおよびクラウド アプリケーション向けに作られたものではありません。では、仮想化時代のスケールアウト アーキテクチャーとは、どのようなものでしょうか?

  • 仮想化向けに設計された、疎結合のストレージ プール
    複数のストレージ ノードを1 つのストレージ プールとして扱い、管理、プランニング、リソース配分を簡素化します。
  • スケーラビリティーとパフォーマンス
    制御フローをデータ フローから分離することによって、低いレイテンシーと、膨大な数のストレージ ノードに対応するスケーラビリティーを実現しました。
  • ハードウェアに依存しないスケールアウト
    すでに稼働している既存のシステム、将来の新製品、オールフラッシュとハイブリッド、容量の違いなど、さまざまな規模やシリーズを同一のストレージノードに加える事ができます。
  • VM およびソフトウェアをベース
    仮想化環境で動作するアプリケーションであればコンパチビリティーリストは必要なく、ティントリ VM スケールアウト上で稼働するアプリケーションに対して常に高速かつ安定したパフォーマンスを提供します。
  • 拡張の柔軟性
    VM スケールアウトのプールに新しいノードを無停止で追加できます。また、コンピューティング(サーバー)とストレージはネットワークで接続され、要求に応じて別々に拡張することができます。

VM スケールアウトとは?

Tintri VMスケールアウトは、仮想化時代の新発想スケールアウト アーキテクチャーを実現した業界初のソフトウェアです。ティントリのプラットフォームを基盤とし、数千のVMから10秒間隔で収集する100万にのぼるデータ ポイントを使用して、複数ノードのプール全体でVMの分散を最適化します。VMスケールアウトでは、以下のことができます。

  • 小規模で始めて大規模に拡大
    最初は1 台のVMstore で数百のVM を運用し、やがて10PB の巨大ストレージ プールに16 万VM 規模まで拡張することができます。
  • インテリジェントなスケーリング
    過去の稼働状況を分析し、急速に成長しているVM を識別するとともに、高度なアルゴリズムを適用して成長を事前に察知し、プール内での適切なノードに配置することで、リソースが制限されることを回避します。

1.稼働状況を分析

各仮想マシンの過去1 ヶ月の稼働状況を分析し、ストレージ プール内の最適な筐体を判断して仮想化マシンならびに仮想ディスクを分散配置します。

2.分散配置の推奨

時間、データ移動、容量稼働率の点で最もコストの低い最適化を見つけます。ユーザーが推奨事項を編集すれば、VM スケールアウトはナレッジとして保持します。

3.結果の予測

ユーザーが推奨事項を実行すると、VM スケールアウトはその結果による効果や、実行にかかる時間などを表示します。


VM スケールアウトの特長

  1. 稼働中のVM が必要なストレージ容量とパフォーマンス全体を把握して最適化し、時間 / 帯域幅 / 容量に対するコスト効率が最も優れたアクションを推奨し、ストレージ間の分散配置をVM 単位で行います。

  2. 推奨アクションを事前に検討し、コミットする前に予想される結果を確認することができます。また、推奨アクションは編集可能で、それをナレッジとして保持することで、ある特定のVM を分散配置から除外することもできます。

  3. 17TB から10PB まで拡張しても、管理コンソールは1 つの画面で表示します。拡張しても管理性はまったく同じままで、ストレージ管理者は1 名で運用を継続できます。

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

TGCのエディション

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

オンデマンド デモ

Tintri Global Centerで複数の筐体を集中管理 (日本語)

複数のTintri VMstoreの状態監視や性能情報をシングルビューで表示することが可能となる管理ソフトウェア「Tintri Global Center」についてティントリジャパンのエンジニアがご説明します。

ティントリWebセミナーのページにてオンデマンドデモをご確認ください > こちら

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。