Tintri とは

Tintriは、Software-Defined Data CenterをコンセプトとしたVM-awareストレージです。

たくさんのお客様がビジネスをTINTRIに託していただいています

Tintriを導入することにより、ストレージに関する複雑さは解消され、シンプルで使いやすくなります。以前はストレージがパフォーマンス低下の主因でしたが、今やパフォーマンスを向上させる重要な構成要素となりました。従来物理リソースとして扱われていたものは、現在仮想マシンとして定義されています。Tintriは、仮想化環境の革新的なストレージをお客様が手にするために、Software-Defined Infrastructureを実用化します。

ミッション

Tintriのミッションは、VMware社がサーバーにもたらしたストレージへの効率性やシンプルさと同様の性質を、ストレージの世界にも同じように取り入れることにより、仮想化への道を完成させることがTintriのミッションです。Tintriは、仮想化環境専用にゼロから設計されており、Software-Defined Data CenterをコンセプトとしたVM-awareストレージを提供することで、真に仮想化されたインフラストラクチャを実現します。

フォーカス

Tintriは、設立当初から仮想化環境に特化しています。Tintriの創設者達は、従来のネットワークストレージのアプローチと仮想化の要件との間で明らかに食い違いがあると認識していました。彼らは、仮想マシンに特化して設計された、より効率的な共有ストレージモデルが必要だと結論付けました。この鋭い視点は、双方を全面的なシンプルさだけではなく、フラッシュメモリなどの重要な新技術を用いたインテリジェントな方式で実装することを可能にしました。Tintriは、単にVMを最適化するだけではなく、VMレベルでネイティブに動作させることができ、システム内でVMを管理の中核を成すオブジェクトの単位として扱います。LUN、ボリューム、階層化やRAIDグループなど、従来のストレージ管理の概念は過去のものです。

チーム

Tintriは、当時エンジニアリング担当の上級副社長としてVMware社で開発を主導したキーラン・ハーティ博士によって設立されました。VMware社やNetApp社、Data Domain社に在籍経験のある主要なリーダーが参画し、豊富な成功体験を持つ非常に強力なチームです。その上Tintriには優れた人材が在籍しています。Tintriは、ストレージおよび仮想化双方のパイオニアが融合することで、ストレージにおける従来のアプローチから脱却し、Tintri独自の価値をお客様に提供します。その結果、Software-Defined Data CenterをコンセプトとしたTintri VM-awareストレージが誕生したのです。

Tintri企業情報 / ティントリジャパンへのアクセス (地図)