ReplicateVM

概要

従来のLUNやボリューム・ベースのレプリケーション技術は、本来、物理環境のために設計されているため、ミッションクリティカルなアプリケーションの仮想化を阻害しています。

従来の製品には、大規模な仮想環境においてデータ保護に必要なシンプルさ、移動性、拡張性、柔軟性、効率性、そしてパフォーマンスが欠けています。"TintriのVM-awareストレージは、仮想マシン単位で管理を行うため、従来のレプリケーション技術によって引き起こされる課題をシンプル、高いWAN効率、高パフォーマンスを実現するレプリケーションで解決します。"

Tintri ReplicateVMは、仮想環境における企業データの保護や、ディザスタ・リカバリ対応を根本的に簡素化します。仮想マシン1台ごとのレベルで動作を制御しているため、ポリシーのカスタマイズによるきめ細やかなアプローチを可能とし、個々のVMレプリケーションやリモートでのクローン作成により、仮想マシンレベルの俊敏性を確保します。

インテリジェントな重複排除や圧縮機能、そして仮想マシン単位での粒度を組み合わせることで、最大95パーセントのWAN帯域幅を削減でき、なおかつ高パフォーマンスのデータ転送を実現します。

※TIntri ReplicateVMは有償オプションとなります

ティントリによる VDI 基盤の構築

ストレージの複雑性を解消し、常に安定したパフォーマンスを提供

数百台から数万台のVMパフォーマンスを満たし、費用対効果の高くシンプルな管理が行えるストレージプラットフォームを提供します。Tintriファイルシステムは、手動での設定や、VMの配置を行うことなく、フラッシュから各VMへ優れたパフォーマンスをもたらします。

 

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

テクノロジー

Tintri ReplicateVMは、仮想マシン単位でのデータ保護とディザスタ・リカバリを可能にするために、TintriOS独自のVM-awareデータ管理機能を拡張します。

VM-awareレプリケーション

管理者は、大規模な仮想環境を保護するために、VM単位で保護ポリシーをカスタマイズすることができ、より大きなストレージ利用効率を得ることができます。

従来のLUNやボリュームベースのストレージ・システムと異なり、Tintriのスナップショットやレプリケーションは、VMレベルで変更されたデータのみがスナップショットで取り込めるよう、VM単位での設定することが可能です。それにより、ローカルおよびリモート両方のVMstoreシステムにおいて、ストレージ利用効率が大きく向上します。

ストレージとWAN効率

VM単位でのレプリケーションでは、個別でVMが複製されるため、数十ものVMを含むLUNやボリュームよりもはるかに少ないデータが、WAN経由で複製されます。スナップショット間で増加した変更ブロックは、重複除外と圧縮が行われた後に複製されるため、グローバル重複排除と圧縮による粒度の細かい容量削減を実現します。

リモートのVMstore上の共通スナップショットが、クローンVMの再作成に利用されると同時に、クローンVMは、非常に効率よく複製され、保存されます。リモートのVMstore上で複製されたコピーを保存する際には、WANを介したデータ送信を行うことも、ストレージスペースをさらに消費することもありません。

仮想マシンの俊敏性と柔軟性

ReplicateVMは、複数のVMstoreシステム間で複製するために、柔軟なデプロイを実現するトポロジを提供します。さらに、VMstoreは、リモートのVMstore上で、VMのデータ保護を提供しつつ、データセンター内で両方のホストVMに使用することができます。

ReplicateVMもリモートのVMstoreシステム上で効率的にクローンVMを作成できるよう、Tintri OSでVM単位のクローン作成をネイティブに行える利点を拡張します。クローンVMは、VMstoreシステムおよびvCenterサーバー間で、仮想マシンの俊敏性を高め、VMstore上で設定された任意のvCenterサーバーへインポートすることができます。

VMware Site Recovery Manager (SRM) との連携で災害対策を自動化

ReplicateVMは、VMware Site Recovery Manager (SRM) とネイティブに連携し、ティントリの持つVM単位でのレプリケーションをSRMでも効率的に実行できます。任意の VM をグルーピング化し、その単位でレプリケーション動作、および、フェイルオーバー・フェイルバックの自動化を行うことができます。さらに、本番インフラを停止すること無く、隔離されたインフラで災害対策のテストを行うことも可能です。

暗号化機能 (SecureVM) との連携で遠隔地のセキュリティも確保

ReplicateVMは保存データを暗号化するSecureVMソフトウェアと連携でき、リモートサイトでも保存データの暗号化することができます。また暗号化されていない保存データを、遠隔地では暗号化した状態で保存するなどの柔軟な組み合わせにも対応しています。

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

利点

Tintri のアーキテクチャは、LUNやボリュームレベルではなく、個々のVMレベルで設定可能なレプリケーションを実現し、シンプルかつ効率的な、全く新しいレベルの仮想化環境を提供します。VMのレプリケーションの実行は、チェックボックスをオンにするのと同じくらい簡単で、ストレージおよび仮想化チームの間では、事前に計画したり、ストレージを構成したり、調整を行う必要はありません。データ保護ポリシーおよびスナップショットの保存期間とRPO(目標復旧時点)は、各VMをわずか数クリックで保護・復元できるとともに、VM単位の監視も可能にします。

  1. 数クリックで、各VMの保護、復元が可能
  2. データ保護ポリシーの計画、監視、変更にかかる作業負荷を大幅に削減
  3. RPOは、アラートを介して、VM単位でのカスタマイズおよびアラートによる監視が可能
  4. ネイティブなVMware vCenter統合により、迅速なリカバリを行う場合において、VMのデータ・レプリケーションを確実に実行し、迅速なリカバリを実現

 

高効率なWANとストレージ

Tintri ReplicateVMを利用することで、VM単位でのスナップショットは、重複排除および圧縮後のスナップショット同士で発生する増分ブロックレベルの変更分のみを複製します。これにより、WANの帯域幅を最大95%削減し、全体のパフォーマンスを向上させます。VMデータは、複数のVMstoreシステムからWAN帯域を効率よく重複排除されるため、単一のVMstoreシステムへ複製する時にも複数の複製元システムのデータを対象にした重複排除が行われます。

TintriのVM単位でのクローン作成機能により、管理者は、簡単かつ迅速に、容量効率の高いクローンを作成できます。Tintri ReplicateVMも同様に、格納効率の高いクローンVMを遠隔地のVMstoreシステムへ複製でき、大規模な仮想化環境のデータ保護に用いるストレージ設置面積を大幅に削減します。さらに、無駄なデータやメタデータがWAN経由で転送されることがないため、VM単位でのスナップショットは、ネットワークを介して効率的にクローンVMを複製します。クローンVMは、遠隔地のVMstoreシステム上で、同様の高パフォーマンスを維持します。

  1. グローバル重複排除およびデータ圧縮によってWAN帯域幅の使用率を最大95%削減
  2. クローンVMの保護に必要なストレージを削減し、複製に必要なWAN帯域幅を大幅に削減
  3. テストや開発、ビジネスアナリティクス、VMプロビジョニングなどの様々なユースケースにおいて、複製されたVMからさらに格納効率の高いクローンVMを迅速に作成可能

 

柔軟性と俊敏性、高パフォーマンス

VMstoreシステム内で柔軟な選択肢が提供されており、管理者は、双方向、多対一(複数システムから単一システムへ)、そして一対多(単一システムから複数システムへ)のトポロジの中から選択してVMの複製が行えます。VMstoreシステムをローカルサイトのVMをホストしながら、遠隔地のVMstoreシステムのデータ保護を提供することも可能です。

Tintri ReplicateVMは、VMstore上で実行されている数百ものVMを、並行してレプリケーションできます。重複排除と圧縮によって高スループットを実現し、大企業規模でのデータ保護とVMの俊敏性をサポートします。ReplicateVMは、RPO目標値を満たしつつ、マルチテラバイトのビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化を可能にします。

  1. 柔軟性のあるトポロジにより、効率的なストレージ利用が可能
  2. 重複排除と圧縮で、WAN帯域幅の使用率を削減するだけではなく、高スループットでのレプリケーションが可能
  3. VM-awareストレージで、ミッションクリティカルなアプリケーションの仮想化や大規模な保護を実現
  4. 拡張性に優れたレプリケーションにより、単一のVMstore上で、数百台ものエンタープライズクラスのVMのデータ保護を実現

 

遠隔地のVMstoreシステムにおけるVMの効率的なプロビジョニング

VM単位のレプリケーションは、VM単位のクローン作成機能を統合することで、遠隔地のTintri VMstoreシステム上で容量効率の高いクローンVMを作成できるすべての機能を管理者に提供します。遠隔地のVMstoreシステム上でクローンVMを作成することにより、帯域幅や格納効率が高くなり、ホスト上のリソース消費を削減します。また、任意のデータストア上で、VMを効率的に作成することができるため、VMの俊敏性を向上させるとともに、大規模な仮想化環境の管理を大幅に簡素化します。

  1. 1.遠隔地のVMstoreシステム上で、容量効率やネットワーク効率の高いクローンVMを作成可能
  2. 2.テンプレートやゴールドイメージを効率的に配置することで、瞬時にプロビジョニング可能

624x273

ティントリのストレージサービスの導入をご検討されている方は、是非ご連絡ください。フォームでのご連絡をお待ちしております。

リアルタイムデータ複製 (Synchronous Replication)

リアルタイムデータ複製によるゼロRPO(*1)の実現

  • 間隔を置くことなく継続してデータを別筐体に複製することで、データを一切失うことなくサービスを継続できます。
  • 筐体間のフェイルオーバーは透過的に行われるため、システムのダウンは発生しません。
  • 複製用のTintri VMstoreを設置するのみ、ソフトウェアもこれまでのTintri ReplicateVMのみで簡単に構成できます。

ゼロ RPO を実現する Tintri VMstore の筐体間データミラー

  • プライマリー VMstore に対する更新データをリアルタイムにセカンダリー VMstore に転送
  • セカンダリ―の VMstore に透過的な切り替えが可能
  • ESXi は仮想 IP にマウントするだけ
  • サーバーリソースを使用せずに FT 機能をストレージにオフロード
  • 全ての VM 及び グループ単位で実装
  • 双方向のデータミラーが可能

前提条件

  • Tintri OS 4.3
  • TGC 3.5 よる構成及び管理
  • Tintri Replication ライセンスだけで実現
  • DC 内及び 100km 圏内での 10GbE を推奨

1-to-many Replication

複数サイトへのデータ複製による災害対策の強化

  • 仮想マシン単位、もしくはサービス グループ単位で複製が可能です。
  • ローカルバックアップのみならず、リモートバックアップも同時に行うことができます。
  • 最大4地点に同時にデータの複製が可能で、大規模の災害にも耐えうる設計を組むことができます。例えば、東京から大阪と福岡にデータ複製を行うことで、広い範囲での災害があったとしても復旧が可能となります。

Tintri ReplicateVM

  • VM 毎のレプリケーション
  • 転送データは重複排除及び圧縮

Tintri OS ~4.2 

  • 1:1、N:1、双方向レプリケーションをサポート

Tintri OS 4.3 ~

  • 1:N のレプリ―ションをサポート
  • VM 単位のレプリケーションを複数 VMstore へ実施
  • ローカル及びリモートバックアップを Tintri VMstoreで完結
  • 転送先は 最大 4 VMstore まで指定が可能
  • TGC 3.5 による構成及び管理