Government

福島県伊達市全職員が利用する 仮想デスクトップ環境に導入

マイナンバー導入に伴う自治体システムのセキュリティ強靭化 、業務システムをインターネット分離するためのソリューションとして、福島県伊達市は高速かつ安定した仮想デスクトップ環境を構築しました。そして基盤のストレージとしてETERNUS TRシリーズを選択しました。

会津若松市

圧縮率2.6 倍、通常フラッシュヒット率100%、チューニングレスで安定運用を実現

市の業務を支える統合仮想化基盤の構築では安定性と運用性を重視

豊かな自然と歴史が息づく会津若松市。同市は地方創生に向けてICTと環境技術を活用し持続力・回復力のある力強い地域社会、市民が安心して快適に生活できるまちづくりを目指し「スマートシティ会津若松」の取り組みを進めている。日本初のICT専門大学である会津大学を中心に産官学連携にも積極的だ。

 

太田市の基幹システムの仮想化基盤に 「 ETERNUS TR series」※を導入。

仮想化環境で安定してパフォーマンスを実現する鍵となるストレージ

輸送機器産業を担う全国有数の工業都市として知られる群馬県南部の太田市。同市は構造改革特区第一号の英語教育特区、東日本大震災以前に公立学校の耐震化完了、世界最大規模の太陽光発電分譲地、第3子以降子育て支援など様々な顔を持つ。高齢化率が低く県内有数の人口増加率も同市の特徴だ。人口22万人を有する同市は、将来の都市像「人と自然にやさしい、笑顔で暮らせるまち太田」の実現に向けてまちづくりを進めている。
住民の視点を大切にする姿勢は同市の情報管理課も変わらない。「大事なのは住民の方や市の職員が抱える課題の解決であり、先進的なICTの導入ではありません。今回、税、福祉などの基幹システムの刷新においても“なぜその製品が必要なのか”はこだわりました」と太田市役所の手塚光春氏は話す。

ルイストン市

ティントリがすべてのアプリケーションレイテンシーを解消。ルイストン市の主要な公共サービスに関わるストレージ管理を簡素化。

ルイストン市

ルイストンは、米国アイダホ州の北部地域、ネズパース郡に位置する2番目に大きい都市で、2013年に行われた米国の国勢調査によると、人口は約32,400人。エリック・スコット氏は、ルイストン市役所で情報システムマネジャーを務めています。

スコット氏は言います。「市役所のIT部の職員は、私を含めて5人。私と、ネットワーク管理者が一人、システム管理者が一人、全エンドユーザー対象にPCサポートを行うIPヘルプデスク要員が二人です。我々は市役所内の様々な部署における、すべての金融サービス、公共料金請求、システムの購入などに関連するITインフラを、一手に引き受けて多忙な日々を送っています。ルイストン市役所では、Dellサーバー、年季の入ったEMC SANと、ディザスタリカバリ用としてお互いにコロケートやレプリケートされたDell EqualLogic TS4100アレイ2台を使って、2つのデータセンターでデータを運用しています。

Department of Defense Cyber Range

Tintri Speeds VM Provisioning from Weeks to Minutes, Cuts Datacenter Footprint in Half, and Reduces Power and Consumption by 96%

Bartholomew County

Bartholomew County government improved its VDI performance and reduced their storage footprint by 50% by using Tintri Vmstore. Read how.